タスクの進捗度をチーム内で共有する。

アイポとは

情報共有でチームをひとつにするグループウェアです。
メンバーとのスケジュール共有、会議室や設備の予約、チャットのコミュニケーションなど、
チームの情報共有を素早くかんたんにします。

グループウェアのタスク管理における課題

タスクの進捗度がチーム内で共有されず、
連携がとりずらい。

プロジェクトを進める上で、メンバーの誰が何を、どこまで進めているかというタスク管理・共有は非常に重要な要素となってきます。

共有がうまくできていないとリーダーが逐一メンバーに進捗状況を確認をしたり、すでに他のメンバーが着手し始めていることを知らずに同じ作業を行ってしまったりと、大きな時間のロスに繋がってしまいます。

そのため、タスクの進捗度をチーム内で正しく共有することが、 プロジェクトの成功への大きなカギとなってきます。

タスクの進捗度がチーム内で共有されず、連携がとりずらい。

アイポがグループウェアのタスク管理における課題を解決

ToDo機能で進捗を可視化して、
全員が状況を把握可能にする

AipoのToDo機能では、チームの進捗状況を可視化することができ、誰がどのようなタスクを抱えていて、そのタスクをいつまでに終わらせる予定 なのかを、リスト化することが可能です。

カテゴリも分けることが可能なので、「営業」や「企画」といったように分けていれば すぐに必要なカテゴリのタスクだけを表示させることができます。

またスケジュール機能と連携させることで、カレンダー上にタスクをガントチャートのように表示させることも可能です。 より重要なタスクに関しては、カレンダー上に表示させることでチームのメンバーに詳細をすぐに伝えることができるでしょう。

タスクにはメモや進捗度など細かい情報を入力することが可能なので、 わざわざメンバーに状況を聞きにいかなくても、どこまで作業が進んでいるかを把握することができます。

これにより、リーダーは全員の業務量の調整や、遅れている部分に人員を割く事が可能になります。

ToDo機能で進捗を可視化して、全員が状況を把握可能にする

タスク管理に関するその他の課題解決を見る

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。