Security

大企業や官公庁も安心のセキュリティ水準

Aipoを安心してご利用いただけるよう、セキュリティ対策や監視・バックアップ体制の構築など様々な角度から細心の注意を払って運営しています。

ファイル送受信禁止

機密ファイルなどが誤って漏洩しないように、ファイルの送受信を禁止することができます。

IPアドレス制限

IPアドレスによるアクセス制限をおこない、社外の端末からの不正なアクセスをブロックします。

イベントログ

重要な操作はイベントログに記録され、管理者は確認することができます。不正利用の抑止力になります。

Infrastructure

高度なセキュリティと信頼性を持つ
データセンター

Aipoでは、Amazon Web Services(以降、AWS)のデータセンターを利用しています。AWSはAmazon社が提供するデータセンターサービスで、 非常に高い信頼性を持つ認証と認定を受けており、多数の豊富な実績があります。弊社は実績が認められ、Amazon社より公式コンサルティングパートナーとして認定されています。

通信の安全性

Aipoとの間で通信されるデータはすべてSSLで暗号化されます。(SSLとはクレジットカード決済にも広く使われている安全性の高い暗号化方式です。通信内容を暗号化することで盗み見や改竄を防止します。)

プライバシー保護

Aipoに保存されたデータは弊社環境からのみアクセスできるように制限しており、弊社従業員でも運用管理責任者を除いてアクセスできないように厳密に管理しております。また、調査目的などお客様から依頼があった場合のみアクセスを行います。

セキュリティ対応

XSS、CSRF、SQLインジェクションをはじめとした脆弱性に対する、業界標準の対策をおこなっております。また、最新のセキュリティパッチをあて、サーバーを最新の状態に保つよう努めています。

障害のリスク分散

AipoはAWS上で物理的に離れた複数のデータセンターに分散して運用する構成をとっています。 仮に特定のデータセンターで物理的な障害が発生したとしても、他のデータセンターのサーバーへと自動で切り替わり、運用を継続できるようになっています。

監視・障害対応

サーバーの監視は24時間365日で行なっており、障害を検知した場合は運用担当者に即座に通知がされます。 通知を受け取った担当者は、状況にあわせて対応を行います。 障害発生時には、サイト上で状況をご報告いたします。

バックアップ

1日1回、フルバックアップを実施しております。万一オペレーションミスなどでデータ損失が発生したとしても、過去1週間の各バックアップ取得時点の状態のデータを復元することができます。バックアップデータの保管にはAmazon S3を使用しており、複数の施設にまたがって多重に格納されることで、付与された1年に対して 99.999999999%という極めて高い耐久性を持つよう設計されています。