カレンダーアクセス権限機能で設定できること

カレンダーアクセス権限機能の利用ユーザーに登録することで、所属する部署の予定だけを閲覧・操作することができます。

下記のような設定ができます。

  • 役員の予定を限られた人にのみ公開したい。
  • 所属する支社や部署のメンバーの予定だけを表示・操作できるようにしたい。
  • パートやアルバイトが予定を閲覧できる社員を制限したい。
  • 取引先と予定を共有する際に他の取引先の予定を完全に見えないようにしたい。
  • 設備ごとに予定を登録・閲覧できるメンバーを制限したい。

設定できるアクセス権限は3種類

  1. 閲覧も不可能
  2. 閲覧のみ
  3. 閲覧・追加・編集・削除が可能

設備に対しても閲覧、登録ユーザーの制限が可能に

営業メンバーのみ社用車の予定を閲覧する、社長や秘書のみ役員会議室の予定を入れる、などが可能になります。

閲覧可能なユーザー・設備のみ表示

ユーザー選択、設備選択で閲覧権限のあるユーザー・設備だけが表示されるようになります。

予定追加画面で追加可能なユーザー・設備のみ表示

 

予定追加画面で追加権限のあるユーザー・設備だけが表示されるようになります。詳しい設定方法は「カレンダーアクセス権限の設定方法」をご参照ください。

カレンダーアクセス権限機能を利用するには

アドオンを有効にした場合、スケジュールを利用するユーザー全員がアドオンを利用していただく必要があります。 (アドオンを利用していないユーザーがいた場合、そのユーザーはアクセス権限の設定にかかわらず、すべての予定を閲覧・操作することが可能となります。)カレンダーを利用するユーザーを追加する際には、アクセス権限のアドオンにもユーザーを追加してください。詳しい設定方法はヘルプ「アプリの利用ユーザーを設定する」をご参照ください。

回答が見つかりましたか?

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。