カレンダーの活用イメージ

自身のスケジュール帳や自分だけのカレンダーで管理していた予定を、ひとつの画面でチームのメンバーの予定を可視化できるAipo カレンダーの活用例として、会議室や設備の予約、柔軟な繰り返し設定、過去の予定の検索など、便利な機能をご紹介いたします。

自分の予定を共有する

スケジュール手帳で管理していた予定をAipoに登録するだけで、チームメンバーに共有できます。
Aipo カレンダーの基本的な使い方はとてもカンタンで、予定を共有するための難しい設定はいりません。

自身が外出する予定はもちろんですが、自身の行う業務も予定として登録することで、タスクに集中できる環境が作れます。

チームの予定を確認する

他ユーザーの予定を閲覧する権限が付与されているユーザーは、予定を見たいユーザーにチェックを入れるだけでカンタンに予定を確認できます。

部署Myグループを作成することで、さらに少ないクリック数で予定を確認できます。

会議室や設備の予約をする/予定を確認する

会議室や設備の予定もカンタンに表示できます。
社有車や機材を設備としてご登録いただくことで、管理しやすくなります。

メンバーの予定と会議室の予定を同時に表示することもできるため、社内の打ち合わせ予定もスームズに登録できます。

設備の重複登録を制限する機能でダブルブッキングも防げます。

定例会議などの繰り返される予定を登録する

「第X ◯曜日△時から社内報告会」や「A社との定例会を隔週◯曜日△時から」などの繰り返し予定もカンタンに登録できます。

朝礼や終礼などがある場合は、まずは朝礼や終礼などから登録してみましょう。

出張や催事などの期間予定を登録する

出張や展示会などの催事の期間予定も柔軟に対応できます。

  • その期間が分かれば良い登録する方法

カレンダー画面上部に表示されるため、期間スケジュールとは別に出張先での細かいスケジュールも登録したい場合などにご活用ください。

  • 期間と時間を指定して登録する方法

期間中の決められた時間に催事がある場合などにご活用くださいませ。

過去/今後の予定を検索する

Aipoに登録されている予定をキーワードで検索することができます。
過去の予定や今後の予定を検索するのに便利です。

【出張】や【商談】などの検索ワードをタイトルか内容に記入しておくと検索時に探しやすくなります。

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。