商社でのIT化を促進して業務を効率化!メリットも紹介

2021/11/12

商社には様々な業務がありますが、その機能を分けると大きく3つに分類できます。「営業」「事務」「事務企画」の3つです。それぞれの特徴を見ていくと、これらの業務をIT化するメリットが見えてきます。ただし、これらは単独で機能するのではなく、相互的に機能しているからこそIT化の意味があるのは見逃してはいけません。

商社での営業

営業の仕事は、商社の業務の中核といっていいでしょう。商品を仕入れ、販売するのが商社の仕事です。仕入れも販売も営業の手腕にかかっています。つまり、営業なくして商社は成り立たちません。

営業の仕事は足で稼ぐとも言われてきました。ルート営業のようにある程度決まった売り先をまわる方法もありますが、飛込を中心にする営業はとにかく訪問して稼ぎ出します。チャンスがあれば、どんどんと仕掛ける姿勢が必要で、アナログな面を強く持付方法です。しかし、ここにもIT化のポイントがあるのを見逃してはいけません。

営業のIT化のメリットは情報です。営業展開には、ありとあらゆる情報が必要になります。ほんの細かなことでも、知っているかで差がつくからです。情報は客先に限りません。商品や現在の社内情勢なども商社の営業にとって大事な情報です。ここから何を導き出すのかが、営業の腕ともいえます。

このような宝物ともいえる情報を営業担当の個人単位で抱えていては、企業としての対応力が落ちます。全体で情報を管理できれば、もっと有機的な行動が生まれ、チャンスを失することも少なくなるからです。情報を集積し、リアルタイムに更新できるIT化は、営業にとって大きなメリットを生み出します。ひいては企業にとってもデータベースという形で大きな財産が生まれるのです。

商社での事務

商社では常に販売情報を更新し、請求なども揚げてくれる存在の事務が必要です。顧客との連絡窓口にもなりますし、時には営業を仕掛ける事さえ出てきます。その内容に合わせ、営業事務や貿易事務と呼ばれる形で呼ばれる場合もあるでしょう。それほど様々な内容を受け持つのが事務の仕事です。

営業との連携も重要ですが、仕事の大半は書類は情報の管理に当てられます。IT化のポイントとしてもこれが重要です。現在IT化として注目を集めてきたのが、RPAなど業務を自動化することにあります。RPAとはロボットに業務を任せることで、普段人間が行なっている作業をソフトウェアに任せてしまい工数削減することが目的です。

例えば操作手順が明確で繰り返すようなものなら、RPAで負担が減ります。もちろんできない仕事も数多くあるため、メリットを生かすためにも作業内容をはっきりさせることが大切です。

商社での企画事務

企画事務は商社の仕事の一つですが、一般の事務とは少し違い、提案することを基本としています。例えば新たな状態を手にした時に、これを事業化するのは企画事務の仕事です。サービスでも同様のことが言えるでしょう。取引先に対し企画提案などを行うのも企画事務の仕事です。企画事務とは常に外を向いた仕事であり、デスクワーク中心の一般事務とは少し違った面を持っています。

IT化のポイントとして重要なのは、情報発信の方法やスケジュールの管理、情報の統制などが挙げられます。単一のツールでカバーするより、営業と連携する方法をとるなど広く活用できる方法が向いているでしょう。特に情報の共有が重要で、他業務との連携が取れるような工夫が必要です。IT化できれば、メリットはかなり大きくなります。

商社でIT化のメリットはあるか

商社が主な業務からもわかるように、全体的な連携が欠かせません。業務単一で見るとそこまで効果を発揮できないように見えても、全体で見るとメリットはかなり大きくなるのが特徴です。他にも様々な面でIT化の恩恵が出てきます。

社内でのリアルタイム連携

IT化することのメリットは連携にあります。操作は営業がスタンドアロンで業務をするわけではありません。その情報を共有できるかが、全体の効率の鍵を譲っています。

例えば企業の情報を営業担当者が持っていたと仮定して、他の営業や事務が知らなかったとすると行動に一定の制限がかかるでしょう。知っていれば問題なかったことも、知らなかったからこそ行動してしまう可能性が出てきます。このような不確定な領域を作るのが情報の共有不全の問題です。

営業は常に顧客との折衝があり、多くの情報に触れる機会が出てきます。IT化することでこの情報を共有できるのがポイントです。情報の共有ができれば、行動はどんどん最適化していきます。知らなければできなかったことも、情報の共有が素早くできれば対応速度が上がっていくからです。商社では特に大きなメリットが生まれます。

企画事務でも同様です。顧客と折衝した段階での情報を営業が知っていれば、対応に幅が出てきます。次の手を打つためにも重要な情報となるため、リアルタイムで共有できるIT化のメリットがあるでしょう。

グローバル化に対する対応

商社にはグローバル化に対する対応力も問われます。世界はどんどん進化しており、常に変化している中で商社は対応しなければいけません。刻一刻と変わる状況の中で展開していくビジネスでは、情報が重要です。

IT化できれば、世界中どこにいてもインターネットがつながるのなら、距離を感じずに情報交換できます。リアルタイムで情報の交換ができるでしょう。スケジュール管理も自由にできます。チャットなども使えますし、データのやり取りもIT化により容易に変わるでしょう。スピード感が出てくるようになり、距離が離れていても、となりにいるように情報のやり取りができます。距離の概念がなくなることは、IT化の最大のメリットです。

グローバル化した段階でIT化によって距離の概念をなくせるほか、言語の壁を乗り越えることもできます。現在かなり進んできてますが自動翻訳なども使いやすくなってきました。共通言語として英語でチャットをすれば、ログも残せるためあとからの確認もできます。他のツールとうまく組み合わせていけば、更に効果をあげられるでしょう。

IT化からECサイトの活用

商社にとって新たな展開になってきたのがECサイトによる販売です。これまでは営業が販売していた商品を自社のECサイトを使って販売できるのは、かなりのメリットにつながります。

ECサイトの役割は、誰もいなくても販売できることです。つまり、人件費がかかりません。サイトの維持管理費はかかりますが、人件費よりもはるかに低い金額で抑えられます。24時間の間、誰もいなくても販売してくれるため、機会損失も最低限出来るのがメリットです。在庫管理や自動発注なども組み合わせれば、商品が枯渇することもありませんし、デッドストックも抑えられます。

商社の活動として大きなメリットを生み出すため、IT化によるECサイトの活用は進んでいきました。

IT化により大きなメリット

商社にとってIT化は、当然の流れになってきました。システム的なIT化も重要ですが、なによりも距離をなくしリアルタイムでやり取りができるのは大きなメリットです。作業の効率化にもつながり、利益も生み出します。IT化するために初期投資としてかなり大きな金額を動かすことも考えられますが、結果的にそれ以上のメリットを生みすでしょう。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

グループウェアを移行する際に知っておきたいポイント!移行するメリットを解説
業務効率化したい営業事務員の方必見!おすすめITツール4選
ビジネスを効率化するための時間管理のコツとは?

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。