コツをおさえて効率的に!従業員満足度を高める施術

2022/08/01

従業員満足度を高めるコツ

組織とは人が集まり行動している形です。秩序を持って行動することが大前提となります。その中で働く人たちが従業員であり、モチベーションを高く保つかが組織運営において重要な意味を持つのです。そのモチベーションを表す指標のひとつとして使われてきたのが従業員満足度になります。

従業員満足度は数値として表せるわけではありません。しかし、さまざまな形で影響を与える大事な要素です。従業員満足度を高めるにはコツがあり組織を運営する上で生産性を向上させるため理解しておくことが、円滑な組織運営に欠かせなくなりました。

従業員満足度を向上させるメリット

従業員満足度を高めるのは大きなメリットがあるからです。特に重要なポイントは生産性の向上にあります。従業員満足度を高めるとモチベーションが向上し仕事に対して前向きに行動できるからです。無駄が少なくなり業務を主体的に考えた結果生産性が向上します。これによりコミュニケーションも円滑となり、人間関係が良好な状態を保てるのです。

人間関係が良好となると、人材の流出に歯止めがかかります。人が辞めていく理由のひとつとして人間関係を上げることが多いでしょう。人材の流出に歯止めがかかると、将来的に優秀な人材を確保できます。長く働きたいと感じるようになり、組織を強く保てるのです。新たな人材の確保もしやすくなるので人材教育にかけるコスト低減に役立つのです。

生産性の向上によりサービスや質の向上も目指せます。結果として顧客満足度の向上につながり、印象を大きく変えるのです。長期的に見ると非常に大きな影響といえるでしょう。

従業員満足度を高める要因とコツ

従業員満足度を構成している要素は二つあり、理解することが従業員満足度を高める重要なコツとなるでしょう。

ひとつ目が動機づけです。従業員満足度は自動的に向上するものではありません。そこには要因が存在するからです。動機付けは、一般的にはやりがいや働きがいといったことと関係しています。自分の仕事にやりがいを覚えると、働くことに満足するようになるでしょう。

これが重要な意味を持ちます。やりがいがある仕事を続けていけば、責任にも対応できるように変わっていきます。さらに昇進などの意欲にもつながり、従業員満足度を高める大事なポイントになるのです。

もうひとつが不満足に思う要因になります。衛生要因とも呼ばれる内容です。心理的安全性ともいわれますが、報酬や福利厚生などが自分の働きに伴っていないと思うと従業員満足度は下がるのです。モチベーションの低下と連動していますが、ここで働いていてなんの得があるのかと考えるようになります。

従業員の退職理由を見るべきです。その中には心理的安全性に関わるものが多く見られるでしょう。人間関係をあげるのが例です。組織風土なども同様ですが、どこかで不満足な感情を抱いて退職したことがわかります。

不のスパイラルですが、従業員満足度が低下すると離職者が増えます。どこかで歯止めをかけなければ人材の流出は止まらなくなり、心理的安全性はさらに低下するのです。

従業員満足度の調べ方

従業員満足とかどの程度のレベルになるのか把握しなければ、高めるための施術ができません。むやみに何かを広げても効果が得られないかもしれないからです。

従業員満足度を調べる方法として、一般的にアンケートが用いられます。アンケートの内容で現状がわかるからです。内容は現在の制度や仕事に対する満足度、職場の状態などをターゲットにしておくといいでしょう。

一般的に従業員満足度として経営層や制度に対する評価、仕事への満足度が重要な要素として知られてきました。他にも上司や仕事の満足度、職場の状態、福利厚生などもアンケートに盛り込んでおくと判断しやすくなります。従業員満足度と共に、これからの経営課題も浮き彫りにできるのです。

従業員満足度を高めるための取り組みのコツ

従業員満足度を高めるためにはさまざまな取り組みを進めていかなければいけません。具体的にどのようなことをすれば従業員満足度を高めることができるのか、ポイントを理解しておく必要があるでしょう。

経営ビジョンの共有

従業員に対し、これからどのような経営ビジョンを持っているか、共有できていることは従業員満足度に大きな影響を与えます。経営陣と従業員の持つビジョンに乖離があると、進んでいく先に違いが生じるのです。これが従業員の不満につながりやすい要因で、経営人に振り回されていると感じます。

対策としてはいくつも挙げられてきましたが、スローガンなどはよく知られた方法です。簡単な方法ではありますが、経営陣から押し付けられているような印象につながらないようにしなければいけません。わかっていることをわざわざ掲げられても、いい気分にはならないからです。

そこで小さなところから変化を与える社内報なども使われてきました。取り組みのスタートの時点から乖離しないよう注意が必要です。

社員の意見を取り入れる

社員の意見を取り入れる仕組みを作るのも従業員満足度を高める効果につながります。もしも自分の意見が取り入れられていると感じたら、そのときの感情はどうでしょうか。企業に認められたと感じるはずです。

実際に不満があったことだと思う社員の意見に現れてきます。上申された意見を積極的に取り入れていければ、透明性のある組織だと感じるのです。このような取り組みが経営陣との乖離を感じにくくできます。

意見の上申は簡単にではありません。そこでコンペディションのような形をとる場合もあります。意見によってインセンティブなどにつなげることで積極的な展開も仕掛けられるでしょう。こうした空気を作ることも、従業員満足度を高めるコツです。

目標の数値化

従業員満足度を高めるために、それぞれに目標を立てます。目標は到達できるものでなければいけません。だからといって難易度の低い目標でも意味が薄れます。この辺りのさじ加減は難しいものの、数値化された目標を掲げることで達成感を刺激できるのです。

従業員にとって達成感は働きがいであり、これが評価されることによって従業員満足度を高めることができます。

従業員満足度にとって大事なことは評価であって、目標ではありません。経営陣からすると目標が重要に見えますが、従業員にとっては評価が大事なのです。このどちらも数値化しておくことにより評価しやすくなります。従業員も企業を評価していることを忘れないようにしなければいけません。

同じような効果を挙げるのが福利厚生の充実です。目に見えてわかるものであり数字として表れてくるからです。企業が従業員を大切にしているか、働きやすい環境を意識しているかがわかります。労働条件なども同様ですが、はっきりとした形で条件を提示することが従業員満足度を高めるコツです。

従業員満足度を高めるコツはわかりやすいこと

従業員満足度は常に高めなければいけない要素です。どんな企業でも変わりません。働きやすい環境を整備することも従業員満足度を高めます。スケジュール管理を例にとると、誰もがわかりやすい手法をとっていたらどうでしょうか。自分が働いている時間や環境を他の人とも比較しやすくなります。その結果がどうだったのかなど、検討できる条件が揃うでしょう。

このように目に見えてわかる数値を提示することで従業員満足度は高まりやすくなります。どの程度満足しているか、満足できる条件を把握させると共に意見の上申がしやすい仕組みを作ることが大事なコツなのです。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ビジネスメールは書き出しが肝心!注意すべき5つのマナーを紹介
サイバーセキュリティとは?重要性や効果的な導入方法を解説
ナレッジとノウハウの違いとは?共有するためのポイントも紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。