タイムカードを自動化する「勤怠管理システム」とは?

2021/03/02

「働き方改革」が要求される近年、手作業でのタイムカード集計に対しては「時間がかかる」「ミスが多い」などが懸念されています。

業務の効率化は働き方改革に含まれていますので、タイムカードに関しても出来るだけ手作業からデータ化に移行していく必要性があります。厚生労働省が発表する「労働時間の適切な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」でも従来の手作業のタイムカードではなく勤怠管理システムなどを利用して正確かつ適切に記録することが要求されています。

無理に変える必要は無いかもしれませんが社員のことや会社の将来を考えると働き方の変化についていくのは重要なことです。近年では手作業で行っていたタイムカードの業務をデータ化する企業がどんどん増えているようです。データ化していくにも様々な方法がありますが、今回はグループウェアを使った方法を紹介していきます。

タイムカード手作業のデメリット

手作業での集計にはデメリットが多い

タイムカードの手作業による集計は現状ほとんどデメリットしかありません。集計までに時間がかかったりミスが起こりやすいなど、タイムカードのデータ化は早急に必須と言えるでしょう。まずはタイムカードを手作業でおこなうことによる問題点を見ていきましょう。

時間がかかる

タイムカードを手動で社員に集計させていると、何より集計の際に時間がかかります。また手動の場合は紙で記入をさせている場合がほとんどですので、書類を紛失してしまう可能性もあり、そうなると再確認のためさらに時間を割くことになります。

また従業員一人ひとりが手作業でタイムカードを記入する場合、集計作業までにも時間を要します。すべての従業員が記入完了まで待たなければならず、従業員としても業務が終了し早く帰りたいのに帰れないといった状況になってしまいます。

業務効率化の妨げ

業務に時間がかかるということは、それだけ業務が効率的ではないことを意味します。これからさらに少子高齢化と人手不足が深刻化することが予測される日本では、無駄な業務は極力省いて生産性を高めるやり方が要求されていて、残業での生産維持はもはや日本政府の許容範囲外と言っても過言ではありません。

そのためタイムカード一つをとっても手作業で行っていると業務効率化の妨げと見なされることがあります。

リアルタイムで勤務状況がわからない

手作業によるタイムカード集計だと、リアルタイムで勤務状況を把握するのに時間がかかってしまいます。仕事の出勤時にタイムカードをいちいち集めて確認し、出勤が確認できない従業員に対しては別途電話かメールで対応しなければいけません。

ミスが多い

タイムカード集計をシステム上でなく手作業で行うことで従業員の勤務状況の把握が遅れが目立ってしまいます。例えば遅刻や早退、有給休暇の取得数や時間外労働の把握などが遅れてしまうと企業の潜在的な問題になりかねません。

またタイムカードを手作業で行っている場合、集計時意外にも単純に従業員の記入ミスなどで集計自体が間違っている可能性もあり、その点でも手作業で行うことへの警鐘が鳴らされています。

タイムカードのデータ化で改善

以上の問題点からもタイムカードをこれ以上手作業で維持したいという考え方は今の日本社会において限界を露呈しています。これらの課題を解決するためにも、タイムカードの自動化やIC化などもあげられていますが、それでも紙やICカードを使用するので紛失の恐れが高いです。

これに比べ「勤怠管理システム」としてタイムカードをインターネット上でデータ化し自動計算してくれる「グループウェア」という便利なツールがあります。この勤怠管理システムはインターネット環境さえあれば誰でも自分のスマホから簡単に勤怠の打刻ができるので便利です。

それでは詳しく見ていきましょう。

グループウェアによるタイムカードのデータ化で業務時間を短縮

グループウェアとは仕事上必要な業務をインターネット上で行えるようにしたツールです。基本的なチャット機能やスケジュール管理の他にも「勤怠管理システム」というものがあります。

この勤怠管理システムは手作業によるタイムカードによる勤怠管理に取って代わるもので、経営者・管理職から派遣社員まで全てに適応出来るので大幅な業務時間の短縮にもなります。経営者や管理職の方は従業員の勤怠管理集計をAIが自動計算してくれるため計算の手間が省けます。

業務時間の短縮は業務効率化の成果ともいえる

従業員も打刻がスマホ一つで出来るようになれば記入の手間が省け仕事へのモチベーション上昇などにつながり、このような業務の効率化が会社全体に良い影響をもたらすといえます。

また勤怠管理システムは従業員が打刻すると自動的にデータを収集するため月次の締め作業などがほとんど必要なくなります。

データ上の集計によりリアルタイムで勤務状況を把握できる

勤怠管理システムを活用すれば従業員がスマホで打刻をするとすぐに反映されるため、よりリアルタイムで従業員の勤務状況を把握できます。またデータ上に保管されているため必要な時にいつでも勤務状況を確認することができます。

AI集計によりミスが大幅に減る

人間の手作業だと疲労などが影響しミスが多くなってしまうか、ミスを懸念するあまり業務時間が増えてしまうことがあります。その点グループウェアのAIによる勤怠管理の自動計算は信頼性が高いです。

またAIが自動で打刻を集計する勤怠管理システムはExcelなどの計算ソフトよりも打刻漏れやヒューマンエラーといった点でミスが少ないといえます。その点からもグループウェアの勤怠管理システムを活用することは有効といえるでしょう。

勤怠管理システムの場合すでに集計のためのテンプレートが出来上がっているため、より簡単に導入できることもポイントです。

導入コストの面でも安心

グループウェアによる勤怠管理システムの導入ですが、小規模な会社であれば従業員一人あたりの月額費用で済む場合があります。アイポの場合一人あたりの料金は100円とコスト面でも安心です。

大規模な企業であっても、コスト面では小規模のものより高額となりますが高カスタマイズが可能だったりとどのような規模の会社や企業であっても導入可能であることが特徴的です。

すべての社員の負担を減らす

勤怠管理システムを導入して困る人間はほとんどいません。人手不足や少子高齢化が深刻といわれている日本ではタイムカードを手作業からデータ化に移行することは企業に携わる全ての人間の負担を減らすことにつながります。

タイムカードをデータ化する「勤怠管理システム」

日本政府が「働き方改革」の政策を打ち出してから企業は業務の効率化による生産性の維持または向上が求められています。その中でも従業員の勤務状況を把握する「タイムカード」を「勤怠管理システム」としてオンライン上で自動集計することで会社や企業の業務効率化につながることが期待できます。

業務効率化や働き方改革の一環としてコスト面や技術面でも比較的簡単に導入できると思いますので、是非タイムカードのデータ化を検討してみてはいかがでしょうか。

グループウェアのタイムカードのことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ITツールの導入で介護現場の効率化を実現する理由を徹底解説
ビジネスにおける情報共有の重要性を解説!情報共有ができないリスクとは
不動産仲介業もペーパーレス化しよう!メリットや実現方法をご紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。