テレワークによって変化した部下のマネジメント

2021/10/07

テレワークが加速し、どこの企業でもIT化の波が押し寄せています。本来であれば緩やかに変化していくべきところですが、現在の状況では急激な対応を求められるのが問題です。追従するだけでも大きな負担が生じますが、それでも対応できていないところが多いのが状況です。変化に合わせ部下のマネジメントも大きな対応を求められるようになりました。

テレワークの環境の違い

テレワークが進み浸透していく中、オフィスでの部下のマネジメントとは明らかに異なるポイントが生まれてきました。本来であればひとつのオフィスに上司と部下が空間と時間を共有します。ところが、テレワークによって空間が変わり、コミュニケーションの方法も変化しました。

部下の顔を見ながら、報告を聞きながら本人の調子の確認もしながら指示を出していたはずです。これがモニター越しになると、思っているより同じことができない状況が見えてきました。遠隔地にいるというだけでも空気に違いがあり、雑談をしながら状況の確認をすることさえ難しくなったのです。
これは上司側だけの問題ではありません。部下としても上司の心情が分かりにくく、的確な指示を受けられないケースも増えました。

テレワークはITツールによって単純に働き方が変わったわけではありません。これまで分からなかった多くの問題も浮き彫りになりました。これらの問題をどのように解決するのかが部下のマネジメントとして求められるのです。

成果が重視され求められる状況

テレワークになり、働いている姿は直接見えなくなりました。どのように仕事をこなしているのか分からない以上、評価されるのは結果です。仕事のプロセスや取り込む性などが評価されにくくなっています。

逆に責任の所在や仕事の範囲などは、以前よりも分かりやすくなりました。これはITツールの恩恵でもあり、何をどこまで仕事をしているのかはっきりしやすくなったからです。ある意味では部下は個人事業主のような状態で、結果という果実を納品する流れになりました。日本ではあまりこのような形が馴染んでいません。結果主義という欧米に近いビジネスモデルに変化してきているからです。これが混乱をさらに招く結果となりました。

チームで進めるビジネスモデル

結果を重視するビジネスモデルが必要となったとしても、日本では簡単に導入が進めていけるわけではありません。古いモデルを一旦解体するとして、現在の状況下でどこまで許されるかという問題も抱えるからです。

その中で、単一ではなくチームを組んだビジネスモデルも構築も目指すようになりました。お互いコミュニケーションをとりながら連携し、チームとして成果をあげていきます。問題はテレワークの中でどのような手法でコミュニケーションをとるかにありました。これが部下のマネジメントの要点です。

そこでさらに活用が進んだのがITツールでした。これまで以上に活用の方法を模索しなければいけません。テレワーク自体がITツールの塊のようなものですが、コミュニケーションを取るための方法としても必要となりました。

さまざまなITツールが導入される中でも、チャットツールは基本です。これらを統括するツールも導入が進んできました。ただし、誰もがすぐに使いこなせるわけではありません。ここでもマネジメントの能力が問われることになるのです。

部下のマネジメントで見えてくる課題と解決

ITツール大活用した部下のマネジメントでは、どのような課題があるか把握する必要があります。課題が見えていない状態は非常に危険で、潜在リスクを知らず顕在化させる可能性も出てくるからです。

コミュニケーションと人事評価

テレワークの中での部下のマネジメントとして最大の問題になるのはコミュニケーションにあります。特にこれまで経験の長い人にとって、テレワークのマネジメントはかなりの障壁となりました。

さらに影響したのがある労務管理です。本来なら目の前に部下がいるため、どのように働いているのかすぐに分かりました。ところがWebカメラでは見える範囲が決まっています。ITツールとしても、管理できるものも出てきていますが、あまりに使いすぎると行動が限定されてしまうでしょう。

のびのびと仕事ができない環境が出来上がり、効率が低下するおそれがあります。無意味なプレッシャーは、仕事の失敗も招くことも問題です。

結果として人事評価にも影響を与えます。何をしているか分かりにくいところで、正確な評価を下すのは大変難しい状況です。ITツールでのログを参照するなど、現在の状況にあった手法を選択しなければいけません。

目の前でなくても仕事は進む

ITツールを活用する上で重要なことは、目の前にいなければできないと思う固定概念をなくすことです。この見直しができなければ、部下のマネジメントはひとつも進まない状況となります。テレワークが加速していく現在では、目の前に部下はいなくても、仕事はどんどん進んでいくからです。この事実は変えられません。

現在のITツールでは、目の前に居なくても多くのことが管理できます。部下のマネジメントにも活用できるツールはいくらでも出てきているからです。実際に目の前にいる状況をリアルと表現するのなら、リアルとリモートワークはお互いを補完しあう存在です。どうしても取って代わる存在と思われがちですが、それは認識を改めなければいけません。

習熟できる環境を作る

部下のマネジメントさらに効率化するためには、ITツールの習熟も重要な意味を持ちます。どのような優れたITツールを用いたとしても使いこなせなければ意味がないからです。

これは一方向ではありません。部下のマネジメントをする管理側も習熟しなければいけませんし、部下としてもITツールを使いこなせることが前提です。
問題はさまざまなITツール導入にも関係します。便利だからといって多くのITツールを導入すれば、それだけ習熟に時間がかかるからです。理解するだけでも組織の大きな負担になるでしょう。

導入する場合、プラットフォームが統一されたものにするべきです。操作感もそこまで大きな違いはなく、基本的な部分は共通します。教育の負担としても軽くなるため、導入時には包括的な検討が必要です

部下のマネジメントも変化させたITツール

部下のマネジメントにITツールを導入することにより情報共有が進みます。プロジェクトの進捗状況も把握しやすくなり、実際に行われるコミュニケーションも盛んになるでしょう。最大のメリットは、どのようなITツールを活用しても、可視化ができる点です。例えばチャットツールを使っているとして、過去のログを見れば情報の可視化ができます。進捗管理用のツールを活用できれば、誰が見ても状況の確認ができるはずです。

可視化ができると情報の共有も進みます。誰が見ても分かる情報は、プロジェクトをスムーズに進められます。最適化されたコミュニケーションももたらしてくれるITツールを導入できれば、状況は大きく変わるでしょう。

ITツールを選択する場合には、操作の難易度だけではなく、機動性も考慮するとメリットが生まれます。スマートフォンやタブレットに対応していれば、どこにいても部下のマネジメントができるように変わるからです。テレワークの推進は、仕事の在り方自体を変化させました。しかし、そこにいるのは人間です。本質的な部分では変わっていないことを認識し、部下のマネジメントを推進していきましょう。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

残業過多になる原因はどこに?改善方法の模索のポイント
スケジュール管理に便利なリマインダーとは?メリットや活用例を紹介
円滑にペーパーレス化を実現する方法!ペーパーレス化の導入効果とは

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。