チームビルディングとは?目的やポイント、便利なツールをご紹介

2021/05/31

組織開発の有力な手段として、最近注目されているのが「チームビルディング」です。チームビルディング研修を提供する会社も増えていますが、内部で取り組みたいと考えている組織も多いのではないでしょうか。チームビルディングを成功させるためには、そもそもの目的やポイントを理解する必要があります。

そこでこの記事では、チームビルディングの目的やポイント、便利なツールをご紹介します。組織力を強化したいと考えている方はぜひ、ご一読ください。

「チームビルディング」の意味とは?

「チームビルディング」を日本語にすると「組織作り」となります。つまりチームビルディングとは、個々のメンバーが能力を最大限に発揮しつつ、同じ方向を目指して進んでいける組織を作る取り組みです。多くのビジネスやスポーツでは組織としての活動が欠かせないため、幅広いシーンで取り入れられています。

「チームビルディング研修」を提供する企業も増えており、チームビルディングは近年注目されている取り組みです。チームビルディングを組織内部だけで行うためには多くのノウハウが必要となるため、このような外部研修を利用する企業も少なくありません。

チームビルディングを行う2つの目的

チームビルディングには、大まかに言えば「個々の力」「全体の力」の2つを高める目的があります。詳細はそれぞれ順番に解説します。なお、チームビルディングのメリットやデメリットについても知りたい方は、以下の記事を読むと良いでしょう。

チームビルディングで得られる5つのメリットと2つのデメリット

目的1:個々のパフォーマンス向上

組織の雰囲気が悪いと、それぞれのメンバーは個性を出しにくくなります。周りとは異なる意見を発言できなかったり、自分の強みを業務に活かせなかったりするでしょう。個々のメンバーが周りの雰囲気に合わせるだけの組織では、個々の能力を最大限には発揮できません。

そこでチームビルディングを行うと組織に良い雰囲気が生まれ、個々のメンバーが安心感を得られます。結果として、それぞれのメンバーが個性を発揮しやすくなるでしょう。メンバーが気兼ねなく発言しやすくなることで、より画期的なアイデアが生まれることも期待できます。

目的2:組織全体のパフォーマンス向上

組織全体がパフォーマンスを発揮するためには、メンバー同士の信頼関係が欠かせません。メンバー同士の信頼関係が築かれていれば、問題が発生しても気軽に他のメンバーに相談でき早期解決につながります。また情報共有やコミュニケーションも活発となり、組織全体の業務がスムーズになるでしょう。

チームビルディングを行うことで組織の目標やビジョンをメンバー同士が共有でき、仲間意識が生まれます。結果としてそれぞれのメンバーがスムーズに連携できるようになり、組織全体のパフォーマンス向上が期待できます。個々のメンバーが持つノウハウも積極的に共有され、課題解決もしやすくなるでしょう。

チームビルディングを成功させる3つのポイント

チームビルディングは、ポイントを押さえているかどうかで成否が決まると言っても過言ではありません。ここでは、チームビルディングを成功させる3つのポイントについて解説します。

ポイント1:目標やビジョンを組織全体に周知する

組織の中に明確な目標やビジョン(将来的にあるべき姿)があると、一体感が生まれます。また、目指すべき所がはっきりするため、各メンバーのモチベーション向上にもつながります。目標やビジョンが定まっていない場合は、まずはそれらを明確にしましょう。

とはいえ押しつけがましい目標や、抽象的すぎるビジョンはNGです。目標やビジョンを設定する際は、ある程度形がはっきりしていてメンバーが自主的に取り組めるようなものが良いでしょう。そして目標やビジョンを明確にしたら、全体に周知することも必要不可欠です。

ポイント2:個々の役割を明確にする

個々のパフォーマンスを高めるためには、メンバーそれぞれの役割を明確にすることも大切です。役割が明確になっていると、チームの目標やビジョンの達成に向かって各自が動きやすくなります。

まずは一人ひとりの強みや弱みをチーム全体で共有し、メンバー全員がそれぞれの強みを最大限に活かせる役割を決めましょう。メンバーの弱みについては、別のメンバーが補えないか検討する必要があります。

ポイント3:コミュニケーションが取りやすい環境を作る

組織で発生した様々な課題を柔軟に解決するためには、強いチームワークが求められます。そのためには、チームビルディングによってコミュニケーションを活性化することが効果的です。

とはいえ、最近ではリモートワークの増加などで他のメンバーと直接コミュニケーションが取れないことも多いですよね。コミュニケーションが取りやすい環境づくりには、オンラインで簡単にやり取りできる「ビジネスチャット」などのツールを使うと良いでしょう。ツールの詳細については、次章で解説します。

なお、コミュニケーションを活発にするためには、簡単なゲームを行うのも効果的です。以下の記事ではチームビルディングにおすすめのゲームを5つ紹介していますので、ぜひご覧ください。

【企業内研修にも◎】仕事場でできるチームビルディングゲーム5選

チームビルディングを成功させるなら「グループウェア」がおすすめ

チームビルディングを成功させるためには、組織の情報共有やコミュニケーションを促進することが欠かせません。それを容易に実現してくれるのが、「グループウェア」と呼ばれるオンラインツールです。

グループウェアにはスケジュール管理を始めとした、組織力強化につながる多くの機能が備わっています。ここでは、チームビルディングを行う上で特に役立つグループウェアの機能を2つ、ご紹介しましょう。

目標やビジョンを周知できる「社内SNS機能」

「社内SNS機能」はその名の通り社内で使えるSNSで、オンラインで自分の伝えたいことを組織全体に発信できます。組織のリーダーがこの機能により目標やビジョンを投稿すれば、簡単に全てのメンバーに周知可能です。

また、社内SNSには「いいね」を付けたり、コメントを投稿したりする機能もあります。これらの機能によって確認したメンバー数を把握したり、投稿に対して意見したりでき、組織力アップにつながるでしょう。社内SNSについてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

社内SNSとは?メリットと、失敗事例からみる導入のポイント

コミュニケーションを促進する「ビジネスチャット機能」

「ビジネスチャット機能」は、オンラインで任意のメンバーとメッセージによる会話ができる機能です。相手を決めてメッセージ本文を作成するだけでコミュニケーションが取れるため、メールと違い手間がかかりません。1対1の会話はもちろん3人以上のグループ会話も可能で、状況に応じて柔軟に利用できます。

また、パソコンに限らずスマートフォンからでも利用できるため、リモートワークで対面でのコミュニケーションが取れない場合でも問題ありません。ビジネスチャット機能について更に理解を深めたい方には、以下の記事がおすすめです。

利用が加速しているビジネスチャットとは? 機能紹介や導入することで期待できる変化を解説!

グループウェアで、失敗しないチームビルディングを!

今回はチームビルディングの目的やポイント、おすすめツールをご紹介しました。

多くのビジネスでは組織としての活動が欠かせないため、チームビルディングを取り入れる組織は更に増えていくでしょう。チームビルディングを成功させたい方は、ぜひグループウェアの導入をご検討ください。

グループウェアの働き方改革のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ITツールの導入で介護現場の効率化を実現する理由を徹底解説
ビジネスにおける情報共有の重要性を解説!情報共有ができないリスクとは
不動産仲介業もペーパーレス化しよう!メリットや実現方法をご紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。