中小企業に大きなメリット!IT導入補助金の活用と事例

中小企業の経営は安定させるのが非常に難しい問題です。規模が小さいからこそ、安定感を高めにくい部分があります。新たなステージに移行しようとした場合でも、その資金を調達するだけでも一苦労です。これが社会的発展の足かせにもつながるため、さまざまな補助金も用意されてきました。そのひとつなのがIT導入補助金であり、中小企業でIT導入を考えているなら活用していきたい政策です。

中小企業向けのIT導入補助金の活用

中小企業向けのサポートは調べてみるといろいろなものが出てきます。日本の企業を見ると、全体の99%は中小企業で構成されているからです。中小企業が日本の社会を支えていると言い換えることもできるため、根底から支えるためにも補助金などのサポートが作られてきました。その中でもITに関するサポートが、注目を集めるようになったIT導入補助金です。

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは、中小企業だけではなく個人事業主も対象です。生産性を向上させるためにITツールを導入するときに、最大450万円まで補助が受けられます。かなり大きな補助金であり、ITツールを導入するのなら検討する価値が十分にあるでしょう。

現在の中小企業が置かれている状況は非常に厳しい部分があります。コロナ禍の中、ビジネスの転換を目指すとしても、耐力が残っておらず身動きも取れない状況も珍しくありません。

どのような状況においても、耐力があるかどうかは生存の分かれ道になるからです。ITツールを活用すれば非対面化も進められることから、通常枠だけではなく非感染リスク型ビジネス枠も新設されています。

IT導入補助金は、業務プロセスがIT導入によって変化するかどうかがポイントです。このプロセスの数と賃上げ目標によって、累計が変わります。ここに注目しなければいけません。IT導入補助金は、A~Dまでの累計があり、それぞれ対象も違うため注意が必要だからです。

AとBが通常枠で、Aは補助金が30万円から150万円未満、Bは150万円から450万円以下になります。補助率は1/2でAがプロセス1以上に対して、Bは4以上必要です。賃上げも加点項目のAに比較し、Bは必須になるため難易度の高さがわかります。

ここで出てくるのが賃上げ目標ですが、事実確認のために賃金台帳を提出するケースもあります。これが重要なポイントで、給与支給総額が年平均1.5%以上にならなければならず、達成できないと全額返還を求められる可能性もあるのです。そのため、業務プロセスの改善といっても、現実的に賃上げにつながるように構築しなければいけません。つまり、効率化によって還元される仕組みを作らないといけないのです。

低感染リスク型ビジネス枠は、CとD類型に当たります。業務プロセス2以上が必要で、Cは複数のプロセスの非対面化や効率化を可能としなければいけません。Dはテレワーク環境の整備で、クラウド環境に対応していることが求められます。C-2では賃上げ目標が必須項目です。

IT導入補助金の対象とスケジュール

IT導入補助金といっても、なんでも対象になるわけではありません。対象なのは導入費用であり、支援事業者に問題解決につながるか確認する必要があるでしょう。

スケジュールは登録申請が3月下旬ころから始まり、交付申請の受付は4月上旬ごろからです。複数回の締め切りを設ける予定となっているため、常に確認が必要となります。

IT導入補助金につながるツール

非常に重要なポイントになりますが、ツールが役立たないと導入の意味がありません。

IT導入補助金につながるツールは、タスク管理ツールや勤怠管理システムがあります。非対面化のために、非接触ツールも対象です。業務の見直しという部分でカスタマーサポートも自動化が進んでいるため、こうしたツールも対象となります。コミュニケーションをとるためにツールを使うケースも増えたため、有効だと判断されるのです。

ここからもわかるように、グループウェアの導入で対応できることがたくさん出てきました。ほとんどのツールはグループウェアで対処できるため、導入は申請に対しても於有効な方法となるでしょう。これらをうまく活用し、効率化を進めれば、賃上げ目標も対応できる可能性が見えてきます。それほど効率化は重要な手段となるからです。

中小企業がIT導入補助金を導入する事例

どのような中小企業がIT導入補助金を利用しているのか、その事例はとても大切です。自分たちが該当するかどうかによって、申請するか判断につながります。

経営の見える化

これまで経営は感覚的だった中小企業も多いでしょう。実際の数値がはっきりとせず、帳簿上でもうまく判断できないケースは少なくありません。これでは経営の持続力も高まらず、多くの課題を抱えることにつながります。そこで、販売管理システムを導入し、経営の見えるかをして売上げ増加を目指すのであれば、ツールの有効利用となるのです。仕入れの推移なども見えるようになり、無駄を省けるケースになります。

働き方改革

働き方改革も重要です。賃上げ目標の達成にもかかわりますが、さまざまなツールを導入することで実現できることが増えました。タイムカードや給与管理システムの導入が大きなポイントになってきます。これらのツールを導入すれば、業務のプロセスを標準化でき、無駄を省けて効率化できるからです。社内規定の見直しにもつながりますし、残業を減らす効果もあるでしょう。中小企業の場合、経営者が行うケースも多いため、負担を確実に減らせます。

業務の自動化

業務を自動化することで、非対面化を実現できるツールも増えました。業務日誌のようなものは、ツールの導入で大きく様変わりできます。確実に管理するためにも、情報の蓄積もできるツールの導入は重要です。対面での管理の必要がなくなり、ペーパーレスも加速できます。転記するときにミスを減らせる効果も重要です。効率だけではなく、正確性を高められるので、有効なツールとなるでしょう。

非対面化を進め自動化するツールとして、レジシステムもあります。これまで時間をかけていたレジの処理を、ツールで簡略化できるからです。最近ではクレジットカードなど、非現金化を進めることも増えてきており、システムを導入するところもあります。しかし、現実的に費用が掛かるため、どうしても躊躇しているところも多いでしょう。IT導入補助金を活用すれば、これまで難しかったツールの導入も進められ、業務の改革も加速するのです。クラウドサービスとの連携も行われ、これまで以上に効率化と標準化を進められる方法になります。

IT導入補助金でグループウェアを導入するメリット

IT導入補助金は、非常に有効な手段です。さまざまなツールを活用するチャンスを増やせます。このチャンスをうまく活用できれば、これまで以上に効率化を加速させ、経営の安定を目指すきっかけになるでしょう。

重要なポイントは、単にツールの導入で終わらせないことです。グループウェアなどで統轄的な管理を打ち出せば、賃上げ目標にもつなげやすくなります。社員のモチベーション管理もしやすくなり、コミュニケーションツールとしても活用できるからです。

IT導入補助金を中小企業がうまく活用するポイントは、賃上げ目標であるのは間違いありません。そのためには、コロナ禍のような苦しい状況では、事業の効率化が絶対条件となるため、グループウェアのような統轄的に利用できるツールが有効となるのです。

グループウェアのグループウェアのことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

プロジェクトの進捗状況を見える化する方法は?ITツールで業務を効率化!
IT化とDXの違いを簡単解説!企業が取り組むDX化の重要性
テレワークによるマネジメント課題とは!テレワークの効率化手法を解説

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。