スケジュール管理ツールで建設業界の時間管理方法が効率化!

ITツールのひとつの機能であるスケジュール管理機能をご存じでしょうか?スケジュール管理機能を活用すれば、プロジェクト実行にあたり様々な問題が発生する建設業であっても、効率的にプロジェクトを推進することが可能です。

全世界の建設会社・業界を対象とした調査では、建設会社役員の約75%以上が当初設定された工期と予算でプロジェクトを成功させる自信がないと回答。つまり、世界中の建設会社が、プロジェクト・時間管理の方法に頭を抱えているのです。

そこで本記事では、建設業界が抱える課題から建設業界の時間管理の方法までを詳しく解説しています。

プロジェクト・時間管理の方法について興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

建設業界全体が抱える問題

プロジェクトの進行を妨げている要因は多岐に渡ります。建設業界が抱える様々な問題が足かせとなっているのです。ここでは、建設業界全体が抱える問題について確認していきましょう。

労働力の枯渇と技能不足

最も深刻な問題は、労働力の枯渇です。現在建設業界に従事している熟練工の多くは、50歳を超える労働者達です。彼らは近く引退を迎えることになりますが、その変わりとなる人材が圧倒的に不足しています。若い世代にとって建設業界は魅力的ではなく、十分な人材を確保できないのです。

そのことが、労働者の熟練度にも影響しています。人材不足の上、優秀な人材ほど他の業界へ転職をしてしまいます。

その結果、全体的な技能不足が発生し、そのことも業界全体の生産性低下に繋がっています。新たな人材の確保と、現状の人材の技能向上の両方が人的な課題として建設業界全体に横たわっています。

安全性の欠如

建設業界特有の問題として、事故発生の可能性が高いということがあげられます。建設業界は、従来から危険箇所での作業や重機の使用など事故発生に繋がる要素は持っていました。それに人手不足の問題が重なり、コンプライアンスの順守や訓練、安全確認が適切に行われていない状況が発生し、より業界全体の危険度が増してしまっています。

また、必要なデジタル化を推進できていない点も安全性の低下に繋がっています。適切な安全管理が行われていなければ、法令違反となり罰金制裁を科されることもあります。それだけではなく、最悪の場合は貴重な人材を失ってしまうことにもなりかねません。事故が発生してしまった場合の損失は、測りかねるものになるでしょう。

頻繁に行われるプロジェクト変更

プロジェクトの進め方自体にも大きな問題を抱えています。建設業界では、当初の想定とは全く異なる契約変更が行われることが多々あります。このことがプロジェクトを遅延させる最も大きな要因といってもいいでしょう。大きな契約変更はプロジェクトに遅延を発生させるだけでなく、大きな費用増加ももたらします。

これに対しプロジェクトの管理者が行わなければいけないことは、その変更の実現可能性を十分に検討しプロジェクトの方向性を決定することです。

また、方向性決定後には作業工程や予算の変更を関係各所にスムーズに伝達することも求められます。これらは、とても困難な業務であり、プロジェクトの管理者にとっては大きな負担となるでしょう。

技術革新の遅れ

現在ではあらゆる業界で技術革新が推し進められています。建設業界にも当然技術革新の波は押し寄せていますが、他の業界と比べると周回遅れの様相です。政府としてもそれらを支援する取り組みを始めてはいますが、全ての現場まで浸透しているかというとまだまだ不十分です。

全世界を対象とした調査でも、建設業界はデジタル化の推進度において下から2番目の位置に甘んじています。

コスト管理が適正に行われていない

建設業界では、適切なコスト管理が行われていないことも多々あります。使用している重機に係っている総コストをどれだけの会社が把握できているでしょうか。購入費用、修理費用、バッテリー交換などの日常メンテナンス費用、盗難等に対応する保険などの間接費用など、全てを想定できている会社は少ないでしょう。

一つ一つはそれほど大きな金額ではないかもしれませんが、これらが積み重なると想定外の費用となります。

工程・時間管理を行う目的とは

建設業界は様々な問題を抱えているということをご理解いただけたと思います。ここからは、それらの問題を解決するための方法について説明していきます。

その方法とは、適切な工程・時間管理を行うことです。まずは、工程・時間管理を行う目的を整理していきましょう。

・納期と品質を確保する
建設業において最も大切なことは、納期内に求められる品質の建築物を依頼主に引き渡す事です。工程・時間管理を行えば、事前に必要な工程を把握して準備を進めることができます。

それにより、労働者や重機も効率的に動かすこともできるようになります。作業を効率化すれば、その分だけ会社の利益と顧客の満足度が向上していきます。

・生産性を向上させる
工程・時間管理を行えば、保有資材の在庫を正確に把握することができます。正確な把握は無駄の削減に繋がります。

また、労働者についても適切な配置を行うことができるようになるため、残業の削減や労働意欲の向上にも繋げることができます。これらのことは、会社全体の生産性を向上させることとなり、様々な恩恵を得ることができます。

工程・時間管理の3つの方法

では、工程・時間管理はどのようにして行えばいいのでしょうか?実際の作業担当者も理解しやすい行程表を作成することが大切です。ここでは、行程表作成の3つのパターンを紹介します。

手書きによる行程表作成

最も原始的な方法が、紙やホワイトボードへの手書きによる行程表作成です。この方法によるメリットは、スキルに関係なく誰でも行程表を作成することができる点です。作成に時間も掛からず、少人数の場合であれば有効な方法と言えるでしょう。

しかし、大規模プロジェクトや関係者の数が多い場合は手書きでは対応できなくなるため、適した方法とは言えません。

エクセルによる行程表作成

エクセルを使って行程表を作成する方法もあります。この方法であれば、数式や関数も使用できるためある程度複雑なプロジェクトであっても対応可能です。問題点としては、エクセル入力時にタイプミスが発生する可能性があることです。

また、セキュリティも万全というわけではないので、情報漏洩のリスクもあります。

スケジュール管理ツールによる行程表作成

最新技術を活用した方法に、スケジュール管理ツールを使用した行程表作成があります。コンピューター上のシステムを利用する、いわゆるIoTシステムと呼ばれるものです。現在では様々な種類のツールが販売されており、導入のハードルは高くありません。各工程の内容や進捗状況、全体的な収支まで一つのツールで把握することが可能になります。

スケジュール管理ツールが建設会社の問題を解決する

今回は、建設業の工程・時間管理を効率化するITツールのスケジュール管理機能について説明しました。IT導入補助金を活用することにより、通常の25%の費用で導入することもできます。ぜひ、この機会に導入を検討してみてください。

なお、スケジュール管理ツールは他にも様々な種類のものが販売されています。自社の規模や特徴に合致したツールを選択し、事業の効率化を実現させていきましょう。

グループウェアのスケジュール管理のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

グループウェアを移行する際に知っておきたいポイント!移行するメリットを解説
業務効率化したい営業事務員の方必見!おすすめITツール4選
ビジネスを効率化するための時間管理のコツとは?

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。