営業のモチベーションを高める最適な方法とは?業務効率化ツールとは!

2022/02/25

営業パーソンは常に個人やチームの目標達成のプレッシャーを抱えています。顧客とのコミュニケーションもとても大切です。しかし、顧客によってはクレームもあったり、商談交渉の場に臨んでもうまく案件が取れずにモチベーションが下がったりすることもあるかもしれません。 そこで本記事では、そんな営業パーソンのために仕事のモチベーションの上げ方や効率の良い業務方法についてご紹介します。営業成績や生産性を上げることで仕事へのやりがいを感じ、モチベーションもさらに高めましょう。

モチベーション管理にはチーム全体で取り組む

ビジネス環境が常に変化していく中で、営業チームも効率よく対応していく必要があります。まず意識しなければならないのは高いモチベーション維持です。営業チームは各々の営業パーソンが高いモチベーションを保つためにも、達成目標や行動目標を設けていきます。 不安やプレッシャーが多いチームだからこそ、チーム全体で目標を掲げて同じ絵を描くことが大切です。高いモチベーション維持は変化するビジネス環境への対応や顧客サービスの品質向上につながります。

営業パーソンが取り組むべきモチベーションの上げ方3選

営業職に就くビジネスパーソンが仕事のモチベーションを上げるための方法があります。本章では営業パーソンが取り組むべきモチベーションの上げ方を3つご紹介していきます。 ・マインドセットを整えるア(交渉前に自分の気持ちを確認) ・行動目標設定(モチベーション維持には目標が大事) ・日常の行動で集中力をアップ それでは具体的に見ていきましょう。

マインドセットを整える(交渉前に自分の気持ちを確認)

営業活動を行っていく上でマインドセットを整えることはとても大切です。顧客との商談や目標達成にも影響していくことから、常に意識したいものです。まず心掛けるべき点は次のとおりです。 ● 自信とプレッシャーのバランスを取る。 ● 顧客からの質問を想定して、自問自答する。 顧客に自社が提供するサービスの良さを確実に伝えていくには、サービスを提供するその自信の強さを持つ必要があります。顧客の疑問を解消して、安心感を持ってもらえたら合格点でしょう。 そして、その自信と隣り合わせになるのが不安です。営業パーソンは課せられているノルマや目標をしっかり達成する責任があるので、常にプレッシャーを抱えるものです。そんなプレッシャーがある中で、しっかりマインドセットを整えていきましょう。 ● 商談に臨む前の自分自身の気持ちはどんなものか ● 提供するサービスの価値を説明できるか ● 自分が抱えている案件はどんなものか 上記について、自らに質問をして返ってくる答えを記録しておきます。常に自問自答をすることで、心の準備は整ってくるはずです。

行動目標設定(モチベーション維持には目標が大事)

行動設定は、モチベーションを高めるために必要な手段です。目標には次のようなものがあります。 ● 達成目標:所属している組織から与えられている目標 ● 行動目標:自分が達成できると考える目標 営業チームは組織の目標を設定し、その目標に向かって動き出します。また目標を達成するためにも個々の営業パーソンにも行動目標を策定して、高いモチベーションを維持できるように設定していきます。 達成目標はビジネスパーソンによって異なり、必ず達成できる目標を設定することが大切です各々得意なスキルを見ながら、テレアポが好きな営業は新規顧客の獲得に力を入れて、分析が好きな営業は、既存顧客の効果改善に力を入れていきます。

日常の行動で集中力をアップ

行動目標を達成していくには、日常の行動にも力を入れていきます。何気なく行っていく行動にも注目して、仕事に集中できるように取り組める環境づくりがポイントです。また、仕事への不安もすぐに気持ちの切り替えができるようにしていくにも、仕事を上手に運ぶためのビジネスパーソンの必須なマインドセットです。 集中できる環境づくりのために、小さな行動を毎日繰り返していきます。この繰り返しで習慣化し、いつしか自然に集中できるようになります。

悩みの元になる仕事量はチーム全体でカバーする

高いモチベーションを維持することで生産性が上がっていきます。また、仕事は一人で行うよりチームで進めた方が生産性は確実に上がっていくのです。チームで仕事を行うメリットは次のとおりです。 ● 個人のスキルによって配置を変えられる ● ヒューマンエラーにも対応できる ● 突然の離職にもすぐに対応できる 営業パーソンは互いにライバルでありますが、チームで動く以上は同じメンバーです。一人でなんでも仕事ができる営業パーソンよりも、その人のスキルを活かした仕事を任せることで、何倍にも生産性が上がります。 また一人で仕事をしてもヒューマンエラーや突然の離職には対応できません。顧客にとってはサービスの高い品質の維持を求めます。チームで動くことで高い生産性や品質を得られるはずです。

高いモチベーション維持にはチーム力が必須

モチベーションはチームにも影響します。営業パーソンの向上力でチームの結束力が高まり、仕事が効率良く進められるのです。また提供サービスの品質向上にもつながり、顧客の満足度も上がります。 個人だけではなくチーム全体でも向上力を引き出すことが大切です。モチベーションを高める要因は次のとおりです。 ● 上司や同僚からの評価をもらう ● 目標達成していく 各々のメンバーの良さを認め合うことで結束力が高まるのです。さらにメンバーの評価を正しく行うことも、モチベーション維持の秘訣です。 またチーム全体の達成目標もしっかり明確にしていき、定期的な目標確認も行っていきましょう。

グループウェア導入で効率よく業務ができる

各々の担当顧客の状況を正しく把握するには、タスク管理を可視化することも大切です。生産性を上げて効率よく仕事を進めるためにも、チームでしっかりタスクを分散させていきましょう。タスク管理をうまくさせていくには、グループウェアのタスク管理がおすすめです。 ● チーム全体でタスク管理の可視化ができる ● タスク管理の進捗を確認できる グループウェア導入が初めての企業でも、シンプルで簡単に利用できます。

営業パーソンの業務効率化にはグループウェアがおすすめ

営業のモチベーションを高める最適な方法について理解は深められたでしょうか。本記事の重要箇所をもう一度おさらいしましょう。 ● マインドセットを整える。 ● 行動目標を考え、高いモチベーションアップにつなげる。 ● 仕事量はチーム全体でカバーする。 ● グループウェア導入で効率よく仕事をする。 営業パーソンは常に顧客とのコミュニケーションが必要で、時にはクレームを預かることもあります。そのため、しっかり日頃からマインドコントロールをしていき、モチベーションが落ちないように習慣化していきましょう。 また、営業職はどうしても仕事量が多くなるものです。チーム全体でカバーすることで、イレギュラー作業にも対応できるので、一人で抱え込まずに周りの助けを呼びましょう。 さらに、効率よくお仕事をするにはグループウェアの導入が最適です。素早い情報共有やタスク管理もでき、またこれから導入を考えている企業にも安心して使えるようにシンプルな操作が可能です。ぜひグループウェア導入の検討をおすすめします。

グループウェアのことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

OJTで失敗しない方法をご紹介!よくある失敗ケース4つ
建設業界におけるQCDSEとは?基礎知識やおすすめITツールを紹介
Excelは時代遅れなのか?Excelでのスケジュール調整が難しい理由

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。