飲食業で社内SNSを活用し情報共有を円滑にしよう

2021/04/13

飲食業界といえば、慢性的な人手不足でよく知られています。元々人海戦術でカバーしてきた部分の強い業界で、従業員の入れ替わりもかなり激しく行われてきました。そのため、短期間で人を育てることが日常化した業界であり、定着させるのが非常に難しいのです。

このような問題はいつか解決しなければいけません、そのために社内SNSなどの活用が進められてきています。一般的なSNSとは違う方法であり、社員の負担を少しでも軽くし、定着率を引き上げるためにも重要なツールとなってきたのです。

飲食業で社内SNSを使うメリットは

飲食店で社内SNSを使うのにはいろいろなメリットが存在します。一般的なSNSとは違い限定的な環境の中で使うため、柔軟な対応ができるのです。この社内SNSがもたらす効果を知ると、飲食業で大きな変化をもたらしたことが見えてきます。

社内SNSとは

社内SNSとは、ビジネスを目的としたソーシャルネットワークサービスのことで、範囲を限定します。プライベートで使うSNSとは違い、仕事の効率化を主な目的としている方法です。日々の情報を流すよりも、必要な情報を展開すると考えればわかりやすくなるでしょう。

一般的なSNSは外部に発信するためのものであり、かなりオープンな性格を持っています。逆に社内SNSは限定するため、IPアドレスの制限をかけますし、暗号化やログイン制限でセキュリティを高められるのです。一般的なSNSとはかなり違うものと考えなければいけません。

社内SNSが飲食業でも注目される

飲食業で社内SNSを利用するようになった背景は、便利ながらも、限定した範囲の中で利用できるようにしたからです。一般的なSNSを使うと、仕事とプライベートがはっきりしなくなります。仕事の連絡に使われるのが嫌な人も出るため、線引きがしっかりできる点に違いがあるのです。

会社側が用意したシステムということで、一定の安心感をもたらせます。コミュニケーションの活性化にもつながりますし、情報共有の速度もあげられるため注目されるようになったのです。

飲食業で使うときのメリット

飲食業で社内SNSを使うきっかけは、しっかりとしたメリットが確認されるようになったためです。特に社会的な問題となった部分で、社内SNSが防止策として働くのが分かったことは、導入に際し非常に大きなポイントになるでしょう。

定着率を引き上げる

飲食店を含め、定着率は重要な意味を持ちます。社員を教育しても、すぐに辞められてしまうと、時間と経費が無駄になるのです。この繰り返しが続いていくと、企業として問題がなくても、ブラックだと評価されやすくなります。ブラック企業とは、本来企業側に問題があった状態を指していましたが、従業員が辞めていっても、評価されたりするからです。

社内SNSを利用すると、公私の線引きがしやすくなり、こちらもブラックと評価されにくくできます。実際にSNSを使った連絡方法はこれまでよく使われてきました。手軽な連絡手段であり、スマホの普及で簡単にできるようになったからです。しかし、だんだんと線引きが曖昧になりやすく、公私混同されてしまうケースも多く見られました。私的なやり取りが増えると、ブラック化していく恐れがあり、肝心要の情報を見逃す可能性も出てくるのです。

このような状態は、優秀な人材を失う可能性も出てきます。自分が被害を被る前に、離脱しようと考えるからです。社内SNSが活性化すると、コミュニケーションも高まり、定着率にも変化が生まれます。線引きをはっきりとさせたことが、メリットを生み出していくのです。

バイトテロ防止にも役立ちます。社会的な問題にもなりましたが、バイトテロが発生するだけで、飲食業は倒産する可能性が出るほどの大損害を被るのです。風評被害も驚くほど多くなります。その発端となるのはSNSの流出であり、防ぐためにSNSを禁止する方法も取られてきました。しかし、現実的に封鎖するのは不可能です。そこで社内SNSを使わせて連絡をとらせます。社外への発信を一切禁じることで、少しでも予防になるのです。

簡単にできるシフトの管理

スケジュールやシフトの管理もしやすくなります。一般的に飲食店のスケジュールは、最初に管理者が作り、各従業員に対して配布して情報を拡散する方法でした。フィードバックを受けて完成させていきます。突然の変更の要望があると、各従業員に連絡を取りシフトを組み直すこともあるでしょう。いきなり休んでしまうケースも出てきます。この調整には、どうしても時間がかかるため、バタバタすることが多いのです。

社内SNSを使うと、シフトの管理は素早くできます。できあがったシフトはすぐに回覧でき、変更があっても素早く連絡でき手間を減らせるのです。メッセージ機能だけで管理するのではなく、グループウェアの使いカレンダー機能を併用することで、精度をさらに上げられます。こうした管理精度の向上は、生産性を高めるポイントです。

素早い情報共有

社内SNSが飲食業でも重要視されるのは、情報共有が早いからです。メールは誰かに宛てて打ちますが、会話に近い形をとれる社内SNSは、もっと早く情報を拡散し共有できます。特にグループを組んだメンバーなら、スムーズな情報の拡散が可能で、無駄な時間をかけずに済むのです。管理も容易で、これまで個別にかけていた時間を省けます。新人の教育に対しても利用できるため、時間の削減にもつながるのです。

社内SNSの運用上の注意

社内SNSは非常に便利で、飲食業でも活用するべきツールとなりました。有効性が高いことも分かってきましたが、どんな状況下でも導入すればいいわけでもありません。便利だからこそ目的をはっきりとさせ、導入する必要があるのです。

いつ使うのか大事な時間帯

これはすべての連絡事項に影響するポイントですが、いつ連絡するのか時間帯を決める必要があります。連絡時間帯が曖昧になると、寝ている時間に連絡が来て確認できていないといった事態が発生するのです。これでは、素早い情報共有の意味が薄くなります。いつ連絡が来るのだろうかという精神的な負担にもつながるため、使用する時間は一定の範囲に定めなければいけません。

プライベートと分ける

公私混同が非常に危険なことから、プライベートと分けなければいけません。ある程度、一般的な会話は許容するとしても、私的な連絡事項に使うのは禁止するべきです。公私混同すると利用者のストレスとなりやすく、定着率を下げる結果につながります。気軽に参加できるのは重要ですが、公私混同とは全く異なることを認識しなければいけません。

誰でも使える環境整備

社内SNSで、利用者のモチベーションを下げるのが、自分は使っていない疎外感です。コミュニケーションツールとしても役立つため、誰でも使える環境を整備が欠かせません。ツールとしての機能にもよりますが、導入前から環境整備は進めることが大切です。

社内SNSはとても便利ですが、スケジュール管理などの機能も組み合わせると複雑になりがちです。そこでグループウェアならば、統一されたプラットフォーム上で利用できます。すべての機能を浸透させるのは難しいとしても、グループウェアで慣れていけば、ほかの機能が必要になっても、素早く展開できるでしょう。

飲食店の社内SNSはグループウェアが便利

飲食店の社内SNSには、グループウェアで基礎を作るのが向いています。後から機能が必要だからといってプラスすると、操作感が違いうまく親等って来ない可能性が出てくるからです。精神的なストレスにもつながりやすく、利用されなくなるケースも出てくるため、早い段階から統一された状態で利用しましょう。

グループウェアの社内SNSのことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

社員研修はITツールで効率的に!理由やおすすめ3選をご紹介
ビジネスにおける属人化とは?3つの問題点や防ぎ方をご紹介
建築事務所がITで業務効率化をする方法8選を紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。