不動産業界の管理職必見!マネジメント成功のポイントを3つご紹介

2021/10/12

不動産業界でも、管理職の適切なマネジメントは欠かせません。不動産業界はテレワークが難しい分、部下との直接的なやり取りが重要となります。しかし、プレイングマネージャーも多い不動産業界では、通常業務に追われて十分なマネジメントが行えない場合もあるでしょう。

そこで本記事では、不動産業界の管理職がマネジメントを成功させるポイントをご紹介します。不動産業界のマネジメントに課題を感じる管理職の方は、ぜひご覧ください。

不動産業界のマネジメントを成功させる3ポイント

不動産業界といっても、不動産販売や不動産仲介など、仕事の種類はさまざまです。しかし、いずれの仕事についてもマネジメントを成功させる共通のポイントが存在します。まずは、不動産業界の管理職がマネジメントを成功させる3つのポイントについて、順番に解説します。

ポイント1:ノウハウを形にして共有する

管理職には、部下が仕事を問題なくこなせるように適切な教育が求められます。仕事の進め方やポイントをしっかり理解してもらうことで、お客様に一定品質のサービスを提供できるのです。しかし、口頭で直接指導するだけでは、なかなか定着しないことも多いでしょう。

仕事する上で部下に吸収してほしいノウハウはドキュメント化して、共有することが重要です。そうすることで、部下が必要なタイミングでノウハウを何度でも確認でき、成長が加速します。また、口頭で指導する回数も減り、管理職の負担も減らせるでしょう。

ポイント2:部下が相談しやすい環境をつくる

不動産業界では、管理職がマネジメント以外の通常業務も兼任するケースも珍しくありません。また、会議などで外出することも多いですよね。管理職が職場にいなかったり、忙しくて手が離せなかったりすると、部下が相談できません。

部下との信頼関係を築く意味でも、気軽に相談しやすい環境をつくることが大切です。具体的には、メッセージを手軽に送信できる「ビジネスチャット」を導入すると良いでしょう。管理職が忙しくても、部下がメッセージで相談できます。不動産業界でビジネスチャットを導入するメリットを知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

不動産業界でビジネスチャット導入のメリットとは?

ポイント3:部下の業務状況を把握しやすくする

不動産業界の職場では、それぞれの部下が異なる業務を行っていることは珍しくありません。また前述の通り、管理職が外出していたり通常業務で手が離せなかったりする場合もあるでしょう。そのため、どの部下が何をしているのか分からない状態になってしまいがちです。

管理職が迅速にフォローできるように、部下の業務状況を把握しやすくすることも重要です。具体的には日報を取り入れる、外出中でも使えるスケジュール管理ツールを活用する、などが考えられます。

不動産業界のマネジメントには、ITツールの導入がおすすめ

不動産業界の管理職がマネジメントを効率化するなら、ITツールの導入がおすすめです。ITツールを使うことで情報共有やコミュニケーションが促進され、管理職がマネジメントしやすくなります。

ITツールの種類は多いので、ビジネスシーンに合ったものを使いましょう。ここでは、不動産業界のマネジメントにおすすめのITツールを4つご紹介します。他のITツールについても知りたい方は、こちらの記事をあわせて参考にしてください。

ITツールを導入して業務効率化!企業での活用シーンを5つご紹介

ノウハウをオンラインで共有できる「社内Wiki」

「社内Wiki」は、社内で共有したいノウハウをWeb上に蓄積できるITツールです。画像や表の挿入、フォント調整などがボタン操作で行え、ノウハウを短時間で分かりやすく整理できます。登録したノウハウは全てのスタッフがWeb上で閲覧できるため、部下の教育にかかる負担を大幅に削減可能です。

アイポの「社内Wiki」

意思疎通が容易に行える「ビジネスチャット」

「ビジネスチャット」は、オンラインでメッセージによるやり取りができるITツールです。メッセージ入力・送信ボタン押下のたった2ステップで、任意の相手にメッセージを送信できます。メールよりも手軽にやり取りできる上に、データとして残らない電話よりも確実です。また、スマートフォンでも利用できるため、管理職の外出時でも部下が気軽に相談できます。

アイポの「ビジネスチャット」

部下の予定がすぐに把握できる「スケジュール管理ツール」

「スケジュール管理ツール」は、オンラインでスケジュールの管理・共有ができるITツールです。スケジュール管理に特化したインタフェースで、予定の登録や更新がスピーディーに行えます。自分も含めたスタッフのスケジュールをカレンダー形式でまとめて確認でき、部下の状況把握が容易となります。

アイポの「スケジュール管理ツール」

日報をオンラインで作成できる「報告書作成ツール」

外回りが多い不動産営業などの場合は、日報を部下に書いてもらうのも効果的です。「報告書作成ツール」を使うと日報はもちろん、あらゆる報告書をオンラインで作成・共有できます。作成した日報はクラウド管理されるため、メールのように埋もれる心配がありません。また、コメントを付ける機能もあり、管理職から日報に対するフィードバックが簡単に行えます。

アイポの「報告書作成ツール」

不動産業界の管理職も、ITツールで業務効率化しましょう!

今回は、不動産業界の管理職がマネジメントを成功させるポイントや、おすすめのITツールをご紹介しました。

不動産業界では、通常業務に追われてマネジメントに十分な時間を使えない管理職も少なくありません。また、不動産業界でもテレワークを普及しようとする動きがあります。こうした問題や変化に対応するためには、不動産業界でもIT化の取り組みを行うべきでしょう。

ITツールの導入をお考えの方には、「グループウェア」がおすすめです。今回ご紹介したITツールの機能を全て兼ね備えており、月額料金でスピード導入できます。不動産業界のマネジメントを効率化したい管理職の方は、ぜひグループウェアなどのITツールをご利用ください。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

残業過多になる原因はどこに?改善方法の模索のポイント
スケジュール管理に便利なリマインダーとは?メリットや活用例を紹介
円滑にペーパーレス化を実現する方法!ペーパーレス化の導入効果とは

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。