介護業界の人材不足はITツールで解決!選ぶためのポイントを紹介

2022/05/26

労働人口の減少によって、多くの企業が人材不足に頭を抱えています。その中でも、高齢者などのケアを行う介護業界の人材不足は深刻となっています。高齢化によって要介護者は増加の一途をたどっており、介護スタッフの負担も増大し続けているのです。

とはいえ、介護業界に適した人材を確保することは簡単ではありません。限られた介護スタッフで業務を回していくためには、「ITツール」の活用が鍵となります。しかし、アナログ文化が根付いている介護現場も少なくないため、ITツールについてご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、介護業界の人材不足をITツールで解決できる理由や、ITツールを選ぶためのポイントをお伝えします。介護業界の人材不足にお悩みの方は、ぜひお読みください。

ITツールで介護業界の人材不足を解決できる3つの理由

ITツールで介護業界の人材不足を解決できる理由は、主に3つです。1つずつ、順番に解説します。

理由1:事務作業を効率化できるため

介護業界の仕事には、非効率的な事務作業が少なくありません。特に、紙の介護記録を作成・管理するのに多くの時間を奪われている介護スタッフは多いでしょう。多くの項目を1つひとつ手書きするだけでも時間がかかるのに、ミスがあれば再印刷が必要となることも。

ITツールの活用による最大のメリットは、こうした事務作業を大幅に効率化できる点です。たとえば介護記録をオンライン化することで、パソコンで必要事項を素早く入力できるようになります。また、紙の介護記録を印刷したりファイリングしたりする必要もなくなります。事務作業を効率化することで、限られた介護スタッフの時間をより有効活用できるでしょう。

理由2:介護スタッフの連携がスムーズになるため

限られた介護スタッフだけで多くの入居者をケアするためには、介護スタッフのスムーズな連携が必要不可欠です。そのためには、必要な情報をしっかり関係者に共有する必要があります。しかし入居者のケアで手が離せず、重要な情報を口頭で伝えられない場合もあるでしょう。

また、介護記録をはじめとした紙の書類では、直接手に取って読んでもらわないと情報共有できません。ITツールは、こうした情報共有の不便さを解消するための鍵となります。ITツールを使えば必要な情報を全てオンラインで共有でき、介護スタッフの連携がスムーズになるのです。

理由3:データ活用により介護スタッフの負担を減らせるため

限られた介護スタッフで業務を維持するためには、入居者の不調のサインを早期発見することも大切です。不調が顕在化する前に対策できるため、介護スタッフの負担増大を防止できます。それを実現するためには、介護に関するデータの活用が鍵となります。しかし、紙の介護記録などでは情報が断片的なため、効率的なデータ活用が行えません。

その点、ITツールにより介護に関する情報を電子データ化すれば、データ活用が容易となります。たとえば、入居者の健康状態をグラフで可視化することで、不調のサインを早期発見できます。また、ケアが必要なタイミングを事前に予測することも可能です。結果として、介護スタッフの負担軽減につながるでしょう。

介護業界の人材不足を解決するためのITツールを選ぶ3ポイント

ITツールは、介護業界の人材不足を解決するために役立ちます。しかし、ひと口にITツールと言っても、多くの製品が存在します。選び方を間違えると、期待ほど人材不足の解決につながらないことも。介護業界でITツールを導入するなら、選ぶための3ポイントを押さえておきましょう。なお、介護業界におけるITツールの導入事例を知りたい方は、次の記事をご一読ください。

ITツールの導入で介護現場の効率化を実現する理由を徹底解説

ポイント1:クラウド型の製品を選ぶ

ITツールには、大まかに「オンプレミス型」「クラウド型」の2種類が存在します。オンプレミス型は、情報共有のために自社サーバーを導入・稼働する必要があり、手間やコストがかかります。また、自社サーバーにアクセスできない社外では、基本的に利用できません。

よって、ITツールを選ぶならクラウド型の製品を選びましょう。クラウド型ならデータをクラウド上で管理できるため、訪問介護など外出時でもスマートフォンで使えます。また、自社サーバーを導入・稼働する必要がないので、コストも抑えられます。

ポイント2:用途に合った製品を選ぶ

介護業界の仕事は多岐にわたり、1つのITツールで全ての業務を効率化できるわけではありません。たとえば、「介護記録システム」を導入することで、介護記録を効率化できます。一方で、スケジュール管理を効率化するなら「スケジュール管理ツール」が必要です。

ITツールによって役割は変わってくるため、利用シーンに合わせて使い分ける必要があります。介護現場の用途に合ったITツールをそれぞれ選びましょう。

ポイント3:使いやすい製品を選ぶ

ITツールによって操作方法や操作画面は様々です。使いづらい製品だと、日々の業務でストレスの元になります。そればかりか、介護スタッフがうまく使いこなせず、介護現場に浸透しないこともあるでしょう。ITツールを導入したのに活用されないのでは、コストだけが残ってしまいます。

よって、ITツールを選ぶ時には使いやすい製品かどうかチェックしましょう。操作方法や操作画面を公式サイトで確認するのはもちろん、無料トライアルで実際に使ってみるのもおすすめです。不明点があれば、資料請求や問い合わせを行うのも良いでしょう。

ITツールを導入して、介護業界の人材不足を解決しましょう!

今回は、介護業界の人材不足をITツールで解決できる理由や、ITツールを選ぶためのポイントをお伝えしました。

ITツールを利用することで、事務作業を効率化できます。また、介護スタッフの連携がスムーズになり、少ない人員でも業務を回しやすくなるでしょう。さらに、データ活用しやすくなることで介護スタッフの負担軽減にもつながります。今回の内容を参考にして、ITツールを導入しましょう。

とはいえ、様々なITツールを導入すると利用コストが増大してしまいます。コストを抑えつつITツールを導入するなら、「グループウェア」がおすすめです。情報共有や業務効率化に役立つ機能が多くあり、1製品だけで介護現場における多くの課題を解決できます。

グループウェア「アイポ」なら、安価な月額料金だけで素早く導入することが可能です。また、使いやすいインターフェースのため、アナログ体質な現場でもすぐに浸透するでしょう。介護業界の人材不足を解決したい方は、ぜひアイポをご導入ください。

グループウェアの働き方改革のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ビジネスの生産性が低い?日本企業の雑務が多い理由
社員のモチベーションを維持し高める!コツや方法を公開
勝利へ導く営業組織の作り方とは?情報共有がカギ!

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。