製造業もIT化すべき!必要性やおすすめITツールをご紹介

2021/11/05

デジタル技術の進歩はめざましく、ビジネスでも業種を問わず「IT化」が叫ばれるようになりました。ビジネスにおけるIT化とは、デジタル技術を取り入れることでアナログな業務のやり方を変えていく取り組みです。そして、IT化が求められているのは、製造業も例外ではありません。

日本は「ものづくり大国」と呼ばれるほど、製造業が盛んに行われています。それにもかかわらず、日本の製造業におけるIT化は、海外と比べて遅れているのが現状です。製造業でIT化を実現するためには、その必要性やITツールについて把握しておく必要があります。

そこで本記事では、製造業におけるIT化の必要性や、おすすめのITツールをご紹介します。IT化が進まず不安を抱えている製造業の方は、ぜひご覧ください。

製造業にもIT化が必要な3つの理由

まずは、製造業にもIT化が必要といえる3つの理由について、順番に解説します。

理由1:人手不足をカバーできるため

製造業のIT化における分かりやすい例は、生産設備へのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の導入です。設備の稼働状況をリアルタイムにモニタリングすることが可能となり、生産ラインに配置する人員を削減できます。このように、IT化によって人手不足をカバーできることは大きなメリットです。

労働人口が減少し続けている昨今の日本にとって、人手不足は多くの企業が抱える問題です。製造業でも、人材の確保に苦労している企業は多いのではないでしょうか。労働人口は今後も減少すると考えられるため、早いうちにIT化を実現して人手不足に対応できる体制を構築するべきです。

理由2:生産性向上・人件費削減につながるため

前章では生産ラインのIT化をご紹介しましたが、製造業には企画や営業など、さまざまな業務がありますよね。そして、その多くはパソコンを用いる業務でしょう。パソコン業務に無駄があると生産性は低下し、人件費の増加を引き起こしかねません。

また、チームとしての生産性を向上させるためには、社員間の情報共有も重要です。しかし、ホワイトボードのようなアナログ式の情報共有方法には不便な点が多く、チームワークの低下につながります。こうした事態を防ぎ生産性向上を実現するためには、IT化が必要不可欠です。

パソコン業務に合ったITツールを活用することで、個人・チームの両面から生産性向上できます。生産性が向上すれば残業も抑制でき、人件費削減にもつながるでしょう。

理由3:国際競争力の向上につながるため

多くの製造業では、国内だけでなく海外にも製品を提供しているでしょう。海外からの売り上げを伸ばすためには、国際競争力が必要不可欠です。しかし、冒頭で述べたとおり日本の製造業は、海外に比べるとIT化が遅れている現状があります。IT化している企業も一部あるものの、業界全体で見るとあまり浸透していません。

一方で海外の製造業では、IoTやAIなどの活用によりビジネスモデル自体を積極的に変革する動きがあります。こうしたIT化により利益が拡大すれば、新製品開発や販路拡大などへの投資がしやすくなり、国際競争力が向上するのです。IT化により国際競争力を高めることが、日本の製造業の発展につながります。

製造業のIT化におすすめのITツール3選

製造業のIT化を進める上で、ITツールの活用が欠かせません。とはいえITツールの種類はさまざまなので、ビジネスシーンに合わせたものを導入しましょう。ここでは、製造業のIT化におすすめのITツールを3つご紹介します。なおITツールの導入前に、決めるべきことがあります。詳しくは、こちらの記事をご一読ください。

ITツール導入前に決めるべきことは?失敗しない業務改革のススメ

その1:プロジェクト管理ツール

「プロジェクト管理ツール」は、プロジェクトにおける全タスクの進捗を管理できるITツールです。ガントチャート形式でタスクの遅れが一目瞭然なため、正確にプロジェクトを進行できます。Webブラウザさえあればプロジェクト情報を確認できるため、進捗状況の共有も迅速に行えてチームワーク強化につながります。

アイポの「プロジェクト管理ツール」

その2:ビジネスチャット

「ビジネスチャット」は、オンラインで任意の社員とメッセージによる会話が行えるITツールです。メッセージ本文入力・送信ボタン押下の2ステップだけでメッセージを送れるため、スピーディーに意思疎通できます。スマートフォンでも利用できるので、外回りの多い営業社員などにも役立ちます。

アイポの「ビジネスチャット」

その3:勤怠管理ツール

「勤怠管理ツール」は、勤怠実績の記録や共有がオンラインで行えるITツールです。スマートフォンのタップ操作で出退勤の打刻が行えるため、日々の勤怠管理に費やす時間を削減できます。残業時間などの集計は自動で行われ、手計算によるミスを防げるのもメリットです。タイムカードや勤怠表が不要となり、ペーパーレス化の促進にもつながります。

アイポの「勤怠管理ツール」

ITツールで、製造業のIT化を実現しましょう!

今回は製造業におけるIT化の必要性や、おすすめのITツールをご紹介しました。

製造業のIT化には生産性向上や人件費削減、国際競争力向上など、多くのメリットがあります。しかし、海外の製造業に後れを取っているのが現状です。これからは、日本の製造業にもIT化を浸透させていく必要があります。とはいえ、IoTの導入といった規模の大きな取り組みは、かなりのコストがかかります。

まずは、ITツールの活用によって生産性向上・人件費削減を図るのが現実的でしょう。ITツールの導入をお考えの方には、高機能な「グループウェア」がおすすめです。今回ご紹介したITツールの機能を兼ね備えており、他にも役立つ機能を多く持っています。

必要な機能だけを選んで最小限のコストで利用できるのも、グループウェアの魅力です。たとえばグループウェア「アイポ」なら、1機能・1ユーザーあたり月額100円~とお手頃価格で利用できます。企業を発展させたい製造業の方は、グループウェアなどのITツールを導入しましょう。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ITツールでビジネスリーダーの役割を果たそう!おすすめをご紹介
組織の課題を克服して業務効率化する方法!効率化の効果とその手順とは
チームリーダーが効率的に仕事をするために意識するべきポイント!

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。