ITコンサルタントとは?スケジュール調整による業務効率化の実現

2021/10/29

近年、「ITコンサルタント」という言葉を耳にされる機会が多いのではないでしょうか。その「ITコンサルタント」については、華やかな仕事であるとか、とても収入の多い仕事、というイメージがある一方で、実際の仕事の内容やどのような役割を果たしているのか、よく知らない方が大半です。

また、ITコンサルタントにはITツールを駆使した無駄のないスケジュール調整等による業務改善・業務効率化が期待されます。このようにITコンサルタントが企業に何を求められ、どのような役割を担うのかも含めて、ITコンサルタントの仕事について解説しています。

ITスキルを活かして転職されたい方やコンサルタント業を営みたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ITコンサルタントとは

コンサルタントという職業は、一般的には企業などに対して、経営戦略や業務の効率化等に向けたアドバイスや提案を行うのが主な仕事ですが、ITコンサルタントは、特にIT技術という面から、企業の抱える経営上の課題に対する解決策を提案する仕事といえます。

ITコンサルタントの業務内容

ITコンサルタントも、コンサルタントである以上、その使命は、企業に対して経営等に関わる課題を解決する方策を提案することにあります。従って、企業の経営者や業務の管理責任者にヒアリングを行うことで、企業の抱える課題を把握し、解決策を企業側にプレゼンし、企業側との話し合いを通じて提案を練り直し、より実現の可能性が高く高価のある解決策を提案していきます。

解決策について合意ができると、企業に関わる多くの関係者とともにプロジェクトを立ち上げて実現に向けて取り組みます。

こうした過程を通じて、ITコンサルタントには、企業経営者としての視点も必要ですし、マネジメント力が問われることにもなりますので、そうしたセンスも重要です。プロジェクトが完了し実運用の段階になったら、運用や保守に対しても支援をすることになります。

システムエンジニアとの違い

ITコンサルタントとシステムエンジニア(SE)とでは、企業側のニーズに応じてシステムの設計、構築、保守を行うという意味で、似たような仕事というイメージをお持ちの方も多いかと思います。しかし、ITコンサルタントは経営上の課題解決のために、IT技術を活用し、「ユーザー側の視点」で問題解決の提案を行うのに対し、SEはITシステムのプロフェッショナルであり企業側の要望に従い「ベンダー側の視点」でシステム構築をするもので、その立ち位置は大きく異なります。

また、SEは人月計算で費用を見積もるのに対して、ITコンサルタントはプロジェクト単位で費用を見積もる場合が多く、その点でも両者の業務に対する位置づけの違いがわかるでしょう。

ITコンサルタントに求められる役割とスキル

企業の経営戦略上の課題解決や業務効率化の推進といった目的を達成するために、ITコンサルタントにはどのような役割やスキルが求められているか、見てみたいと思います。

IT戦略の策定と活用

現代のビジネスにおいて、経営問題の解決にIT技術の活用が極めて重要であることは言うまでもありません。ITコンサルタントは、そのためのプランニングを立案し提案を行う役割を担っていますが、その詳細を見ていきましょう。

まずは、IT戦略を策定することがひとつめの大きな役割です。IT戦略とは、言うまでも無く、企業の経営戦略の遂行のために必要なIT投資によって、システムの構築や運用を行い企業活動の効率化を図るための、基本的な方針を指します。

企業の現状把握やその分析によって課題を抽出した上で、どのようなIT技術を導入し何を目標とするのかといった方向性を明確に決めることが重要です。これがはっきりと定まっていないと、二重投資やシステムの再構築が必要となるなど、無駄なコストをかける結果となりかねません。

もうひとつの役割が、「ITデューデリジェンス」と言われるものです。デューデリジェンス(Due Diligence)とは、日本語では「適正評価手続き」といった意味合いになり、その価値やリスクが投資規模に見合うかといった評価を行うことを指します。

ITシステム導入の戦略を立てる場合に、元々のシステムをリプレイスしたり一部流用するケース、新規システムの導入や開発をする場合がありますが、それぞれのケースに対して必要となる投資額や効果を分析し、ITシステムを提案する際に活用される基礎的な業務といえます。

プロジェクトを効率的に進めるマネジメントスキル

ITコンサルタントはプロジェクトマネージャーとしての役割が求められますので、プロジェクトを円滑に進めていける、スケジュール管理能力とリスクマネジメント能力が必要となります。

スケジュールにずれが生じた場合には、これを調整しつつプロジェクトを進めていく能力が必要ですし、トラブルを素早く把握して適切な対処と必要な調整を行うリスク対応力も重要です。

適切な判断の基礎となる豊富な業務知識と専門技術

ITコンサルタントには、当然のことながら、全ての基礎となるIT技術の業務に関する知識と専門的な技術力、そして経験が必要です。これらがなければ、適切な提案ができませんし、システム構築・運用の現場において問題が発生した場合にも対処ができません。

スケジュール(タスク)管理効率化やコミュニケーション促進に向けたスケジュール管理ソフトの導入

比較的小規模なプロジェクトの場合など、一人のプロジェクトリーダーが現場の監督をしつつ、クライアントである企業側との調整といったマネジメントもこなすという、非常に多忙な状況になることがあります。そのため、スケジュール管理が不十分であるために作業の遅れが生じたり、コミュニケーション不足によるトラブルが生じる恐れがあります。

このような場合に、スケジュール管理ソフトを利用することで、スケジュール全体の進捗状況を一目で把握できたり、業務の割り振りも簡単にできるなど、効率的にスケジュール管理を行うことができ、作業の遅れやトラブルの回避につながります。

また、チャット機能付きの管理ソフトを導入すれば、コミュニケーション不足によるトラブルも大幅に減らすことができます。ある調査によれば、プロジェクトが失敗した要因の半分近くはコミュニケーション不足に起因するとのことですから、その重要性がわかります。

スケジュール管理ソフトの導入でより効率的なプロジェクト管理を

ITコンサルタントの仕事とスケジュール調整の重要性について理解は深められたでしょうか。

クライアントの企業側との調整を行いながら、プロジェクトを進めていくことを求められるITコンサルタントのプロジェクトリーダーには、スケジュール管理、予算管理、リスクの予見と回避、トラブルへの対処といった多様な業務が求められます。

このため、必然的に業務量は膨大な者となり、非常に多忙であることから、スケジュール管理ソフトを導入して仕事の効率化を図ることは極めて有効です。是非、スケジュール管理ソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ITツールでビジネスリーダーの役割を果たそう!おすすめをご紹介
組織の課題を克服して業務効率化する方法!効率化の効果とその手順とは
チームリーダーが効率的に仕事をするために意識するべきポイント!

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。