社内コミュニケーションの重要性とは?活性化する方法もご紹介

2021/11/19

テレワークが増えている現代では、社内コミュニケーションが希薄になっている職場も多いのではないでしょうか。働き方が見直されている現代だからこそ、社内コミュニケーションの重要性について、今一度理解すべきです。

社内コミュニケーションには様々な役割があり、希薄だと様々な問題が生じます。社内コミュニケーションを活性化する方法を把握し、取り入れることが大切です。そこで本記事では、社内コミュニケーションが希薄だと生じる問題や、活性化する方法をご紹介します。

社内コミュニケーションに課題を感じる管理職の方は、ぜひご覧ください。

社内コミュニケーションが希薄だと生じる5つの問題

ビジネスで重要な社内コミュニケーションには、さまざまな役割があります。社内コミュニケーションが希薄だと、こうした役割が機能せず、多くの問題が生じるのです。まずは、社内コミュニケーションが希薄だと生じる5つの問題について、順番に解説します。

問題1:情報共有がおろそかになる

社内コミュニケーションが活発だと、社員同士で十分な情報共有が行われます。反対に社内コミュニケーションが希薄だと、必要な情報が共有されず、業務に支障が出ることも。

たとえば、顧客からの仕様変更がチームメイトにしっかり共有されないと、大きな手戻りが発生します。情報共有がおろそかだと手戻りや待ち時間が増え、社員一人ひとりの生産性にも悪影響となるのです。

問題2:チームワークが悪くなる

社内コミュニケーションが活発だと、チーム内で適切な業務分担が行われます。また、お互いの業務状況もしっかり共有されるため、迅速にフォローが可能です。

一方で社内コミュニケーションが希薄だと、それぞれの社員が思い思いに業務することになります。チーム内での助け合いが生まれにくく、チームワークが悪化してしまうのです。

問題3:職場の雰囲気が悪くなる

社内コミュニケーションが活発な職場では、気軽に発言しやすい雰囲気が生まれます。居心地の良い職場となり、ストレスを抱えることなく業務に集中できるでしょう。

反対に、社内コミュニケーションが希薄だと、職場の雰囲気が悪くなります。必要な発言さえもしづらい環境では業務に集中できず、社員のストレスの元となってしまうのです。

問題4:顧客満足度が低下する

社内コミュニケーションが活発だと、それぞれの社員が持つノウハウも十分に共有されます。結果として社員一人ひとりのスキルが向上し、顧客に対しても良質なサービスを提供できるでしょう。

一方で社内コミュニケーションが希薄だと、こうしたノウハウが十分に共有されません。たとえば顧客対応でクレームがあったとしても、その原因や再発防止策が他の社員に共有されない場合も。結果として他の社員が同じミスをしてしまい、顧客満足度が低下してしまいます。

問題5:離職率が上昇する

社内コミュニケーションが活発な職場では、お互いの信頼関係が築かれています。そのため悩み事があっても相談しやすく、社員が思い詰めることもありません。

反対に社内コミュニケーションが希薄だと、信頼関係が築けておらず、人間関係の悩みも生じやすいでしょう。しかし、悩み事があっても相談する相手がいないことも。こうした悩み事が解決されず、離職につながってしまうケースも少なくありません。

社内コミュニケーションを活性化する3つの方法

このように、社内コミュニケーションが希薄だと、さまざまな問題が生じるのです。では、社内コミュニケーションを活発にするためには、どうしたら良いのでしょうか。ここでは、社内コミュニケーションの活性化におすすめの方法3つをご紹介します。

方法1:社内報を発行する

社内報を発行すると、社内コミュニケーションの活性化につながる様々な情報を発信できます。たとえば、社員へのインタビューを紹介すれば、普段は見ることのない社員の一面を知れるでしょう。また、経営者が企業のビジョンや理念を周知する際にも効果的です。

ただし、せっかく社内報を発行しても、社員に読まれないのでは意味がありません。次の記事では読まれる社内報を発行するための方法をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

社内報が読まれるにはオンラインが一番!おすすめツールをご紹介

方法2:社内研修を実施する

社内研修を実施することで、様々なノウハウを共有しながら社員一人ひとりのスキルアップが期待できます。普段の業務では関わることのない社員同士の交流も生まれるでしょう。

また、管理職を対象にマネジメント研修も行うのも効果的です。管理職のスキルがアップすれば、部下との円滑なコミュニケーションの実現につながります。

方法3:ITツールを活用する

社内報の発行や社内研修の実施は、アナログなやり方だとどうしても非効率的です。効率よく社内コミュニケーションを活性化するなら、「ITツール」の活用をおすすめします。ITツールとは、業務効率化を目的としたオンラインで使えるツールです。

社内コミュニケーションの活性化に役立つITツールとしては、下記が挙げられます。

  • お互いの状況が分かる「スケジュール管理ツール」
  • 社内報をオンライン発行できる「社内SNS」
  • 社内研修の教材を作成・共有できる「社内Wiki」
  • 離れた相手とやり取りできる「ビジネスチャット」

こうしたITツールを活用することで、活発な社内コミュニケーションがより実現しやすくなるでしょう。なお、ITツール導入前に決めるべきことを知りたい方は、こちらの記事もお読みください。

ITツール導入前に決めるべきことは?失敗しない業務改革のススメ

社内コミュニケーションを活性化するベストな方法はITツール

今回は社内コミュニケーションが希薄だと生じる問題や、活性化する方法をご紹介しました。最近ではテレワークを取り入れる企業が増えており、対面でコミュニケーションが取れる機会も減りつつあります。

社内コミュニケーションが希薄になりやすいため、十分な対策が求められます。社内コミュニケーションの活性化にベストな方法は、ITツールの活用です。多くのITツールは社内ネットワークに依存せず使えるため、テレワークにも対応できます。

ただし、先ほどご紹介した通りITツールの種類は様々です。すべてのITツールを手軽に導入するなら、「グループウェア」をおすすめします。グループウェアは、情報共有やコミュニケーションの促進に役立つ豊富な機能を備えたITツールです。

グループウェア「アイポ」なら、前述のスケジュール管理を始めとしたITツールの機能が全て揃います。初期費用がかからず、リーズナブルな月額料金で利用できるのも魅力です。社内コミュニケーションを活性化したい管理職の方は、ぜひグループウェア「アイポ」をご導入ください。

グループウェアの働き方改革のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

グループウェアを移行する際に知っておきたいポイント!移行するメリットを解説
業務効率化したい営業事務員の方必見!おすすめITツール4選
ビジネスを効率化するための時間管理のコツとは?

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。