ビジネスのインプット・アウトプットとは?向上のポイントも紹介

2022/04/19

ビジネスで「インプット」や「アウトプット」という言葉を耳にする機会もありますよね。これらは元々コンピューター用語でしたが、現在ではビジネスでも重要視されています。しかし、これらの言葉について詳しく把握していない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ビジネスにおけるインプット・アウトプットの基礎知識や、向上させるためのポイントをご紹介します。これらの言葉の意味を知らない方はもちろん、インプット・アウトプットを向上させたい方も、ぜひご一読ください。

ビジネスのインプット・アウトプットとは

インプット・アウトプットは、元々はコンピューター用語として使われるものでした。現代ではコンピューターをビジネスパーソンに置き換えて、ある種のビジネススキルのようにも扱われるようになっています。まずは、ビジネスのインプット・アウトプットについて、順番に解説します。

インプットは「取り込む情報」

本来のインプットは、マウスやキーボードなどでコンピューターに情報を入力することです。そこから転じて、ビジネスのインプットとは、ビジネスパーソンが外部の情報を取り込むこと、あるいは取り込む情報そのものを指します。

そのビジネスパーソンが取り込む有用な情報は、基本的にインプットといえます。たとえば、特定の業務をこなすために必要な情報も、スキルアップのために参考書から取り込む情報も全てインプットです。

インプットは、アウトプットに大きな影響を与える要素でもあります。質の良いインプットを多く取り込むことで、アウトプットの質や量も向上しやすいのです。

アウトプットは「成果物」

本来のアウトプットは、コンピューターからの情報をモニターなどに出力することです。そこから転じて、ビジネスのアウトプットとは、ビジネスパーソンが何らかの成果を外部に出すこと、あるいは成果物そのものを指します。

自分の知識やスキルを活かして、業務を遂行したことにより得られる成果は、基本的にアウトプットといえます。たとえば、営業活動で顧客から得た成約はもちろん、社員育成のために作成した業務マニュアルもアウトプットです。

アウトプットは、企業の利益や自分の社内評価に大きく影響を与える要素でもあります。質の良いアウトプットを多く出すことで、企業の利益拡大につながる上に、自分の社内評価もアップするでしょう。

ビジネスのインプット・アウトプットを向上させるための4ポイント

これまでの内容からも分かる通り、ビジネスのインプット・アウトプットは「質」も「量」も向上させるべきです。ここでは、ビジネスのインプット・アウトプットを向上させるための4ポイントをご紹介します。

ポイント1:インプットは時間帯に注意する

ビジネスのインプットは、ビジネスパーソンの集中力によって効率が大きく変わります。集中力が散漫な状態では、いくら質の高いインプットを取り込もうと思っても上手くいきません。インプットしやすい時間帯を選ぶようにしましょう。

人間の脳は、時間帯により働きが大きく変わります。具体的には、睡眠により記憶がリセットされる起床後3時間程度が、特に脳の働きは良くなります。集中力が続きやすい、こうした時間帯にインプットするのがおすすめです。

ポイント2:様々なインプットから取捨選択する

ビジネスパーソンによって有用な情報は、全てインプットです。しかし、インプットの中には正しくない・取り入れるべきでない情報もあるでしょう。1つのインプットにこだわりすぎると、こうした情報を誤って取り入れてしまいます。

よって、様々なインプットに目を向けつつ、必要なものだけを取捨選択することが大切です。色々なインプットに触れることで、一部に間違いがあっても気づきやすくなるでしょう。正しいインプットだけを多く取り込むことで、アウトプットの向上にもつながります。

ポイント3:アウトプットは具現化する

アウトプットは前述の通り、自身の評価に直結する要素です。ただし、形の残らないアウトプットは自分の評価につながらないこともあります。たとえば、後輩社員に何かをレクチャーしたとしても、上司の目に入らなければ評価してもらうのは難しいでしょう。

そのため、アウトプットは具現化することが大切です。上記の例では、日報などの報告書で記録を残すなどすれば、上司にアウトプットを認識してもらえます。社員個人の心がけはもちろん、管理職がアウトプットを形に残しやすい環境づくりに取り組むことも重要です。

ポイント4:アウトプットを活用しやすくする

良質なアウトプットは、新たなアウトプットを生み出すためのインプットにもなります。こうした好循環をつくる上では、アウトプットの質や量だけでなく「活用しやすさ」も重要なポイントです。

つまり、アウトプットをただ具現化するだけではなく、社内で活用しやすい形にすることが大切です。そういった意味では、紙の報告書といったアナログ方式のアウトプットはおすすめしません。作成に手間がかかる上に、情報共有もしづらいためです。

インプット・アウトプットを向上させるなら「ITツール」がおすすめ

社員のインプット・アウトプットを向上させるなら、「ITツール」を活用するのがおすすめです。情報の管理・共有をオンラインで効率化でき、社員のインプット・アウトプットが活性化します。パソコンはもちろんスマートフォンでも利用でき、テレワークにも対応可能です。

たとえば「社内Wiki」を活用すると、ノウハウをオンラインで全社的に共有でき、社員のインプットが容易になります。また「報告書作成ツール」を活用すると、報告書をオンラインで手軽に作成・共有でき、アウトプットを活用しやすい形で残せます。

こうしたITツールは、社員のスキルアップだけでなく、正当に評価されやすい職場づくりにもつながるでしょう。ほかにも、様々なITツールが存在します。ITツールについて詳しく知りたい方は、次の記事も参考にしてください。

ITツールとは?社内導入の際のポイントなど、分かりやすく紹介

ITツールで社員のインプット・アウトプットを向上させましょう!

今回は、ビジネスにおけるインプット・アウトプットの基礎知識や、向上させるためのポイントをご紹介しました。

ビジネスにおいてインプット・アウトプットは、ともに重要です。インプット・アウトプットを向上させる上では、社員個人の心がけも、管理職や経営者の環境づくりも欠かせません。後者を実現するなら、ITツールを活用しましょう。

とはいえ、様々なITツールを導入するとコストが増大してしまいます。コストを抑えてITツールを導入するなら「グループウェア」がおすすめです。インプット・アウトプットの向上につながる機能がたくさん備わっており、ITツールを個別に導入するよりもコストがかかりません。

社員のインプット・アウトプットを向上させたい方は、ぜひグループウェアをご導入ください。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

介護施設の紙削減にはITツール!メリットやおすすめを紹介
接骨院の方必見!紙のスケジュール管理から脱却して業務効率化
ハードスキルとソフトスキルの違いとは?基礎知識や高める方法を紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。