可能性は無限に広がる!必要性が高まるICT化とは

2021/08/23

IT化がもたらすメリット

新型コロナウイルスなどの影響によって、日本でも働き方は大きく変化してきました。働き方改革や生産性の向上といった言葉も出てきましたが、その鍵を握るのがICT化です。可能性は無限にあるとも言われているICT化ですが、どのようなメリットがあるのか理解して導入も利用も進める必要があります。

知ってそうで知らないIT化とはなにか

ICT化は当たり前のように使われるようになった言葉である反面、本当にどのようなことをするべきか理解されていないところがあります。ICT化とはデジタル機器や情報化によるテクノロジーを取り入れ改革を進めることです。IT化のようにデジタル機器を活用する環境を揃えるだけではなく、人と人もつないでいくコミュニケーションが含まれています。技術の活用によって、コミュニケーションを円滑にして、サービス向上なども目指せる方法です。

ICT化で変わる経済構造

ICT化を進めることで、経済構造にも変化が生まれてきました。新たな需要を創出していくからです。ICT化による需要の拡大は、経済を押し上げるきっかけともなります。
実際に新型コロナウイルスの影響もあり、サービスやショッピングに関してもICT化が加速しました。料金の支払いにおいての電子マネーが普及し、構造的な変化をもたらし始めたのもそのひとつの結果になるでしょう。
IT関連の財を見ても、価格はどんどんと変化してきました。インターネットの普及により以前よりも遥かに低料金で利用でき、社会に普及してきているからです。パソコンなど端末として必要な機材も格安なものが手に入る時代となり、ICT化によって経済構造は変化に加速がついてきています。

教育でも高まる必要性

教育の現場でもICT化は大きなカギを握ります。ICT化による最大のメリットは、距離の概念の喪失です。シームレス化と呼ばれますが、本人たちがそこにいなくても教育を受けられます。空間や時間にとらわれることなく、音声を含めたデータを送受信できるからです。この送受信できる双方向性も、教育の現場でICT化が進むポイントになりました。
問題も多数残されています。送受信共々機材の準備をどうするのか、経済的負担を含めた問題が残っているのは確かです。さらに通信環境の整備も必要となるでしょう。子どもたちも含めて当たり前のように使われるようになりましたが、どこの家庭でも整備されているわけではありません。場所によっては、回線工事だけでも大変な事態を招くケースは今でもあります。セキュリティに関する意識や技術もあり、必要性が高まっていても難しい問題を抱えているのは確かなのです。

必要性とこれからの進化

ICT化の必要性はどんどんと高まっています。一般的な企業でも、パソコンを使うのは当たり前となりました。インターネットも当然整備が進んでいます。ICT化はどんどん加速度的に進んできているのです。
その反面で使いこなせない層がいるのも間違いありません。誰でも使えるというのは使える側の理論であり、全ての人に当てはまるわけではないからです。ユーザーインターフェースの改良なども進めていかなければ、必要性に対応できない場面も出てきています。説明によりICT化の浸透も進めていかなければいけませんが、これをアナログな手法で行うのか、そこにも大きな問題が隠れているのです。

しかし、進化は止まりません。必要性の高まりから様々な場面でICT化が進んでいます。現在のような社会状況の中で、非接触型の情報交換などもICT化の恩恵といってもいいでしょう。これから先も、現在想定していないような進化を遂げる可能性が出てきますので、いつでも対応できる準備を進めていかなければいけないのです。

IT化の導入と注意点

ICT化は、加速度的に進んでいますが、導入は無条件になるわけではありません。実際に起こりうる問題を理解した上で、解決しながら対処しなければ導入がスムーズに進められないからです。様々な注意点があり、それを抑え効率的な導入を目指していくべきでしょう。

必要性の裏に見えるデメリット

ICT化は全てメリットがあるわけではありません。最大のリスクは情報の共有から起こりうるセキュリティリスクです。
例えば一般の企業がICT化を進めた場合、様々な情報共有をして初めて活用の道が開けます。逆に情報の共有を狭めてしまうと、ICT化はあまり劇的な変化をもたらしません。情報がスタンドアロンとなり、誰にも触れられず封印されてしまうからです。秘匿するために役立ちますが、コミュニケーションの部分で情報共有が進みません。これならICT化する意味はないでしょう。しかし、情報の共有を広げ過ぎれば、関係のない人が触れられる可能性が出てきます。必要以外の人が触れられなくする一方で、必要な人が必要な時に利用できる環境整備をしなければいけません。

導入にも大きなコストが必要です。必要性はわかっていてもコストが合わなければ、導入に踏み切れません。無駄な投資を進められほど、現在の企業に体力があるところは少数です。
このコストはハードウェアのみならずソフトウェアの部分も出てきます。ソフトウェアという面では使う人間を教育するためのコストもかかるのです。どんなに優れたシステムを導入したとしても、教育には多大なる時間と費用を費やさなければいけません。これらのデメリットを含めて導入を検討していく必要があるのです。

IT化の注意点

ICT化を実現するためには、全体でのリテラシー強化が欠かせません。セキュリティに関する部分では、使えば必ずリスクが発生し、使い方を間違えれば驚くほど大きなインパクトが生じることを理解する必要があります。これは管理者が理解するだけではなく、利用する全員が理解しなければいけないポイントです。特に経験が少ない人たちが多い状況でICT化を導入するなら、リテラシーの強化は欠かすことができないポイントです。
サポート体制を作る必要もあるでしょう。教えるだけではなく何かあった時の窓口がなければ対応できないからです。

どのようなところでも、ICT化が目的とならないようにする必要があります。大きな勘違いから生まれるポイントです。生産性の向上などを目指してICT化を進めるのは一般的な事象でしょう。ところが、気がついてみたら生産性の向上などより、ICT化を導入することが主となっているケースが出てきます。現在なにが必要なのか要件定義をはっきりとさせ、導入の計画を立てなければいけません。

使う側の意見も大切です。見落としがちですが、管理者が良かれと思いICT化を進めても、使う側がその意識まで辿り着いていないケースも出てきます。教育の現場などでもICT化を進めるためには、保護者の意見なども取り入れ、方向性を見失わないようにしなければいけません。

ICT化に欠かすことができないグループウエアの活用

ICT化には双方向でのコミュニケーションの確立が必要です。機材を投入するだけではなく、ソフトウェアの面で対応させ、コミュニケーションをとるためにはグループウェアを活用するといいでしょう。共通のプラットフォームの上で様々なやり取りが実現できるからです。共通のプラットフォームにより、操作を一つ覚えればある程度対応も出来るようになります。教育の面でも共通化が進み、コストを減らす効果も出てきます。スムーズに導入が進めやすくなるため、ICT化にはグループウェアが重要な役割を果たすのです。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

社員研修はITツールで効率的に!理由やおすすめ3選をご紹介
ビジネスにおける属人化とは?3つの問題点や防ぎ方をご紹介
建築事務所がITで業務効率化をする方法8選を紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。