時代も変わる!エンタメ業界でも進むグループウェアやITツールの活用

2022/07/28

時代とともに変化したエンタメ業界

インターネットの発展によりエンタメ業界は形を大きく変えつつあります。これまでは発信側が一方的に制作していたエンタメ業界も、ユーザーとの相互関係が重要になったからです。インターネットの発展により意見もリアルタイムで得られるように変わりました。

展開としてスピードも重要視されるなか、組織としての形も変えなければいけません。その中でグループウェアの活用が注目されてきたのです。

コミュニケーションの変化とグループウェア

これまでエンタメ業界といえば、コミュニケーションはあまり重要視されてきませんでした。個の能力が問われる場面が多く、組織力は重要視されなかったからです。組織として強い企業もありますが、それは結果を結びつけていることに過ぎず、あくまでも個のレベルでの活躍が結果を出し組織を形成してきました。

例えばタレントを抱えている企業だとすれば、タレントが活躍することが重要であって組織で一致団結することが重要ではなかったのです。これまでは業務展開としてある程度時間の余裕もあり、そこまでスピードも問われてこなかったことも大きな影響を与えています。

現在ではタレント一人ではなくグループで活動させることも増えてきました。担当者が複数のタレントなどを抱えることも珍しくありません。企業としてのブランド力も全面出すように変わり、エンタメ業界も大きく動いてきているのです。

当然スケジュールなどの管理も難しくなり、以前のようなスタンドアロンの状態を保つことは難しくなりました。相互関係によって成り立つ部分も強く出てくるように変化し、エンタメ業界も時代に合わせた変革を求められてきたのです。

連携が必要な時代へ

現在では動画発信などをも、エンタメ業界の中核を担うようほどに成長してきました。動画発信などは制作した動画を作るだけではありません。距離を近づけるためにライブ配信も多く利用されているからです。

ライブ配信電話動画を作り上げるのが難しくなります。利用者とリアルタイムで接触する形となるため、しっかりした管理業務が運営のカギを握ります。エンタメ業界といえば、タレントとマネージャーの関係が重要でした。タレントを生かすのがマネージャーの役割であり、小さな組織としての連携だけで済んでいたのです。

ところが現在では、もっと大きな形としての運営が求められています。リアルタイムで展開する中で、スポンサー企業などの意見が出てくることもあるでしょう。企業として対応しなければいけない事態も生じやすくなってきているのです。このような中でこれまでの対応方法では限界を迎えました。

現在のエンタメ業界では、グループウェアの活用が進んでいます。組織としての強みを発揮するために相互で情報共有し生かす時代です。情報とはわずかなものでも、次のステップに生かせます。知っていれば失敗しなくて済んだことも、情報共有を進めると手の上にだれもが情報をのせられるでしょう。この情報を生かし展開できれば、これまで以上に活躍できる環境を作れます。

これはマネジメント側だけではありません。タレントにも大きな影響を与えます。同様に制作サイドにもグループウェアの活用が大きな役割を持つようになりました。リアルタイムに意見を取り入れることもでき、これまで以上にスピーディーな展開を広げられるからです。

グループウェアの導入でエンタメ業界のなにが変わるか

現在グループウェアは、中小企業でも活用し浸透してきました。全体の約半数が導入しているともいわれる中で、エンタメ業界でも導入が進んでいます。エンタメ業界ではとくに注目しなければいけないのはスケジュール管理です。他にも有効な手段がありますが、グループウェアとしてどのように連携していけばいいかを考えなければいけません。エンタメ業界だからこそのポイントがあり活用の道があるからです。

スケジュール管理の活用

エンタメ業界でも重要なのはスケジュールです。いつどこでどんな仕事をするのか、または打ち合わせだとの情報を管理するのがスケジュール管理の役割になります。これまではひとりで管理していたものも多く、手帳などで管理もできました。

ところが、組織的な展開を求められるようになり、これまで以上のスピードが重要視されるようになって状況は一変します。ひとりで管理なら手帳で済みますが、他の人がその情報を読み取れません。したがってスタンドアロンの状態De組織的な連携は生まれないのです。

グループウェアの中でもスケジュール管理を用いると、情報は多くの人と共有できます。必要な人が社内にいれば、情報を共有したうえでの事業展開が進められます。無駄な時間を消費することなく情報共有ができるのです。

スピードが高まるエンタメ業界の中で重要なのは、スケジュール管理がいつどこでもできることにかかっています。現在のグループウェアはスマホやタブレットに対応しており、インターネットの活用により場所を問わなくなりました。どこでも情報にアクセスできるように変わり、いつでも最新の情報を手に入れられるのです。

このスピードの違いは大きな影響を与えるでしょう。情報の更新速度を高めることができれば、業務の内容は飛躍的に変わるからです。

グループウェアには目的が重要

グループウェアを導入する場合には、どんな目的があるのかをはっきりさせなければいけません。これは運用の方向性を決める大事なキーポイントであり、問題解決に大きな役割を果たします。

問題解決のポイントがはっきりしていると必要な機能も割り出せます。エンタメ企業としてどのような問題を抱えており、この先改善しなければいけないか、これを割り出しはっきりさせることが活用のポイントにもつながるでしょう。

例えばスケジュール管理でも、移動が多く帰社しにくい状況にあったとします。お互いのスケジュールがよくわからない条件だとすれば、どこにいてもリアルタイムにスケジュール管理ができる条件を作らなければいけません。モバイルなどのマルチデバイス対応であることが重要な要件になるのです。マネージメント側だけではなく、タレント側にも情報共有を進めやすくなるのがメリットになるでしょう。

だれもが簡単に扱えること

グループウェアは非常に複雑な機能を持っている場合もあります。高機能なグループウェアも多い中、だれもが簡単に扱えるとは限りません。これはなぜかと考える必要があります。高機能なグループウェア導入を勧めた人は自分で活用できるでしょう。自分で活用できるからこそ導入し他の人にも勧めているからです。

ところが他の人は同じように活用できるとは限りません。同じ能力を持つわけではないからです。IT技術が苦手な人もいれば、活用の道は阻まれてしまいます。

社内で活用するツールを導入する場合に重要なことは、だれでも操作できることかかっています。導入した後に全員が活用できるグループウェアでなければ導入する意味がなくなるのです。多くの機能を持つことをよりも、活用できることの方が重要な意味を持つのを忘れてはいけません。

変わるエンタメ業界とグループウェアの活用

エンタメ業界も時代とともに変化してきました。情報の発信の方法も変化し、作品の制作ですら違いが出てきました。このような時代の変化とともに、組織の運用も変化してきているのです。

エンタメ業界のスタンドアロンの時代ではありません。情報共有が大きな鍵を握る時代となってきているからこそ、だれもが使える形でのグループウェアの活用を進めていかなければいけないでしょう。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ビジネスメールは書き出しが肝心!注意すべき5つのマナーを紹介
サイバーセキュリティとは?重要性や効果的な導入方法を解説
ナレッジとノウハウの違いとは?共有するためのポイントも紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。