社員のモチベーションを維持し高める!コツや方法を公開

2022/06/24

社員のモチベーションを高める方法

社員のモチベーションを高めることは、組織を強くし効率的な運営を目指すうえで欠かせません。これまでさまざまな方法が考えられてきましたが、それだけ社員のモチベーションには大きなメリットがあるからです。

モチベーションなくしていい仕事はできません。これはやる気ではなく、理論があり施策があります。それだけ社員のモチベーションを高める方法がわかると、企業という組織は大きく変わるのです。

社員のモチベーションを高める基本

社員のモチベーションを高めるためには、これまで多くの施策が作られてきました。そこで多くの理論が提唱されるようになったのです。とくに有名なのは、「マズローの欲求5段階説」にかかわる部分でしょう。

マズローの欲求5段階説は「生理的欲求」「安全の欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現の欲求」に分かれています。

「生理的欲求」とは生きていくための本能で、誰もが満たしたいと考えます。
「安全の欲求」は、安全に暮らしたい欲求です。これは経済的にも考えます。
「社会的欲求」とは、集団や仲間を求める欲求です。孤独は不安につながりやすいため、所属意識なども必要になります。

「承認欲求」とは、単独でも語られることが増えましたが、自分の個性などの評価を受けたいと思う欲求です。これがモチベーションにつながりやすく、成長の原点にもなります。他者からの称賛や評価であり、自分自身を承認できるかも大きなポイントです。

「自己実現の欲求」は、ほかの4つの欲求が満たされたことによる自己実現です。自分の持つ氏名や達成感に向かう欲求の仮定で、人生に向き合うといった広い視点に変わります。

この流れからもわかるように、段階が高次元に移ることにより、モチベーションを高めることにつながるのです。つまり、単純に仕事だけではなく、環境や食事、休憩といったことも用意しなければ社員のモチベーションを高めることにはつながらないのです。

社員のモチベーションを高めるとメリットがある理由

社員のモチベーションを高めると、さまざまなメリットが生まれてきます。このメリットの中でも大事なポイントは、仕事の質が落ちなくなることでしょう。仕事の質は、組織運営にとっても大事なポイントです。質が向上すれば、確実に生産性が上がります。企業としても力を付けることとなり、大きな利益を生み出す源泉と変わるのです。

社員のモチベーションを高めると、まとまりが出るようになります。士気の向上効果もあり、お互いに連携して仕事ができる環境を作れるからです。疲労を溜めにくい環境にもつながります。モチベーションによって疲労回復も早まり、仕事への支障が少なくなるのです。

集中して仕事に取り組むことで、業務中のけがなどの発生確率も下がります。結果として生産性を高め、企業として大きく羽ばたけるチャンスを作り出すのです。

社員のモチベーションを高めると変わる定着率

社員のモチベーションを高めると、定着率が改善します。モチベーションが高くやる気に満ち溢れている状態は、仕事の効率がアップし、次々と進んでいくでしょう。離職するような不満より、次の仕事への期待感などの方が高まるのです。その分人材の流出に歯止めがかかるようになり、社員教育にかけた費用も無駄になりにくくなります。経営の効率としてもアップするのです。

企業の継続性の問題も影響します。入社した社員を教育し、企業としての基盤形成にすることは継続性として重要な意味を持つでしょう。この社員を手放すことなく成長できるのです。企業が成長すれば、人材を確保できる基盤も広がります。つまり、社員のモチベーションを高める方法こそ企業を大きく成長し、羽ばたかせるポイントなのです。

社員のモチベーションを高める動機づけの方法

社員のモチベーションを高めるための方法として、動機づけがあります。モチベーションを高めるためには、そのカギになるものがなければいけません。そのカギが動機付けです。動機づけのプロセスなども知識に置くことが、社員のモチベーションを高めるための方法構築には欠かせません。

外発的動機

外発的動機とは自分自身ではなく、外側からのきっかけが行動につながることを示しています。企業側で決めたことなどがきっかけで社員のモチベーションを高めるパターンで、ボーナスの支給や社内表彰などがよく知られている外発的動機の例です。

このような外発的動機は、短期的な効果を発揮させるのに有効とされてきました。長期的にみると瞬間的な要素が強く向いていません。この手でずっとボーナスが支給される前は社員のモチベーションを高めるのに効果的です。ところが、ボーナスが支給されてしまえば効果はなくなります。表彰も同じようなものであり、目標値として設定することでモチベーションを高めるのには効果があってものちには効果がなくなるのです。

常に目標値を設定してあげるなど、手法を考えなければいけません。ただし、使える方法は限られており、長期的な手法を組み合わせる必要があります。

内発的動機

外発的動機とは異なり、自分の中にあることがきっかけになりモチベーションを高めることを表しています。いくつか例がありますが、仕事が楽しくなり向上心を持つことはよく知られている内発的動機です。仕事に対し興味を持つようになり、それ以上の結果を求めて行動をしているときは社員のモチベーションが高いことを表しています。

社員本人が努力を繰り返しているときなども内発的動機付けが行われていると考えられるでしょう。内発的動機の大きなポイントは、本人の意思が変わらない限りモチベーションを維持できる点です。長期的に効果が得られやすいことからも、組織として内発的動機を持たせられる仕組みが必要となります。

内発的動機を作る方法

内発的動機は、社員のモチベーションを高めるためには有効な方法です。そのための取り組みが重要となります。

内発的動機は本人の内部から出てくるもので、将来のビジョンを描かせるといった方法が有効です。企業としてどのようなビジョンや理念を持っているかを示し、仕事をすることが価値を作り出すとイメージさせる必要があります。理解度を高めさせるために、常に一貫性を持たなければいけません。ぶれてしまうとビジョンも崩れるからです。

自分の中で次のステップへ進むモチベーションをつけさせるためには、さまざまな経験が有効な方法となります。成功体験を積み重ねると、自分の能力が有効であると考えるようになるでしょう。達成感を満たせ、次のステップへ向かいやすくなるのです。このような成功体験は高難易度の必要はありません。小さなことを繰り返す方法が有効だからです。

社員のモチベーションを高める方法と仕組み

社員のモチベーションを高める方法としては、企業として常に仕組みを作ることが有効です。内発的動機づけをするためにも、一時的でも効果のある外発的動機が有効になることも出てきます。

仕組みを作るコツとして、スケジュール管理などを活用すると良いでしょう。スケジュールがはっきり分かるようになると、社員としても行動の予定がつくからです。この先何をしなければいけないか形が見えてこなければ行動に移れません。

お互いに情報を共有し見える化させることで、内発的動機づけにもつながります。対人交流といったこともスケジュールの中に組み込めば、社員のモチベーションを高めるためにさらに有効性が高まるでしょう。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ビジネスの生産性が低い?日本企業の雑務が多い理由
社員のモチベーションを維持し高める!コツや方法を公開
勝利へ導く営業組織の作り方とは?情報共有がカギ!

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。