コツはあるのか?デジタルトランスフォーメーションを進めるポイント

2022/07/27

デジタルトランスフォーメーションを進めるコツ

国内産業でもデジタルトランスフォーメーションの推進が大きな課題となってきましたが、重要性はわかっていてもなかなか推進できない状況も出てきています。なにから手を付けて進めていいのかわからないからです。

進めるにはコツがあるのは、デジタルトランスフォーメーションも変わりません。大事なことはコツを理解するだけではなく生かすことです。デジタルトランスフォーメーションを生かすためにも、理解度を深めなければいけません。

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーションという言葉の認知が上がってきましたが、実際には正確な理解は進んでいません。デジタルトランスフォーメーションは「DigitalTransformation」の略称で、DXと訳されることもあります。Xの意味は「交差する」で、TransやCrossのことを指している一文字です。

デジタルトランスフォーメーションというとどうしてもデジタル化という意味にとらえがちですが、本来は根本から変えることであり変革という流れがあります。変革の結果、革新的な形で組織を変えていくイノベーションが、デジタルトランスフォーメーションの目指すゴールといえるでしょう。

問題はなぜここまでデジタルトランスフォーメーションが必要とされる時代になったかです。今の時代では、新型コロナウイルスをはじめとする要因によってテレワークの推奨が進みました。ですが、そもそもは少子高齢化対策によるデジタル化推進が背景にあったのです。

少子高齢化によって人口の減少は避けられない事態であり、高齢化して労働人口が減少していく中で、多くの企業が人材の量を補う形でデジタル化を進める必要に追われました。経済が弱体化すれば、国力低下につながります。結果として国も変革を推し進めなければならず、多くのデジタルトランスフォーメーション政策が採用されるようになったのです。

デジタルトランスフォーメーションの理解

デジタル化という部分にとらわれないのが、デジタルトランスフォーメーションのコツです。デジタルな技術は活用しますが、それ以上の変革をもたらさなければいけません。

コツとして見えてくるのは、自社環境が目指すデジタルトランスフォーメーションを理解するかです。例えば国際競争力をつけるとしたら、目標に合わせたデジタルトランスフォーメーションを作り上げなければいけません。

そのためにデジタル技術を生かすのです。そこまで引き上げるために強力なリーダーシップも必要になります。経営陣がデジタルトランスフォーメーションを理解し進めることができないなら、成功への道は作れないのです。

結果として必要なことは、マンパワーであることも見逃せません。どんなにデジタル化を進めたとしても、使うのは人間です。マンパワーをゼロにしても経営は成り立ちません。人間関係も重要です。お互いに信頼しあい仕事をしなければ、デジタルトランスフォーメーションを進めても効果を上げられません。

つまり、どんなにデジタルトランスフォーメーションを進めても、人材の確保は止められない課題です。育成も同時に進めることになるでしょう。ここからもわかるように、現在の状況に対してデジタルトランスフォーメーションを理解して活用していくことが正しい方法なのです。突如巨大な投資をして変革がもたらされるわけでもありません。段階的に取り組んでこそ効果を上げるのがデジタルトランスフォーメーションです。

ポジションの理解からあった形を作る

デジタルトランスフォーメーションを進めるためのコツとして、自社の置かれているポジションの理解があげられます。組織体制を構築し直し、競争を優位にするために用いるのがデジタルトランスフォーメーションになるからです。そのための正確な定義は存在しません。だからこそ、基本的な部分はしっかりと抑え、自社組織にあった形を作り上げてることこそ最大のコツです。

戦略とビジョン

企業として、どのような戦略をとるのかビジョンがあるはずです。このビジョンこそ、デジタルトランスフォーメーションの目指す先となるのです。ここでわかることは、なぜデジタルトランスフォーメーションを進めなければいけないかにあります。どんな目的のために必要なのか、その手段としてデジタルトランスフォーメーションを利用するからです。

ビジョンは担当者や部署だけで背負うものではありません。組織として全員が共有することを忘れてはいけないのです。全員が共有できてこそ、変革が進みます。

体制の構築

デジタルトランスフォーメーションを進めるなら、制度や仕組みを作らなければいけません。新たなことをするのですから、新たなルール制定もあるでしょう。これをバラバラにやっていては一貫性を失い、いつか迷走するのです。

大事なポイントは推進体制の構築であり、全問部門やチームを構築して組織全体をサポートさせます。単一部門で進めるのではなく、横断的に推進できる体制を作ることも必要です。必要であれば権限の付与もしなければいけません。それだけの人材を確保することがコツといえるでしょう。

なにがデジタルトランスフォーメーションの課題となるか

デジタルトランスフォーメーションは、なにもすべてデジタル化するわけではありません。必要なところに投入できれば、目的を達成できます。

まずは課題を明確にし、その対策としてデジタル化が応用できるかを考えます。既存のシステムを利用して、ワンステップ先を目指すこともあるでしょう。現場で混乱をもたらすような根幹のシステムをすべて変更する必要はないのです。改善ポイントを明確にして、正しいアプローチができるのがデジタルトランスフォーメーションのコツといえます。

実施して評価改善へ

デジタルトランスフォーメーションを活用し、業務の効率化を目指すことが基本です。その中で自動化も進めるだけではなく、評価する必要が出てきます。デジタルトランスフォーメーションは、1回で終わるものではありません。その先を見越して展開することが大切だからです。

デジタルトランスフォーメーションは本質的な部分では経営改革であり、具体的な目標やゴールの設定さえないことが最大のネックになるでしょう。ならば自分たちでゴールを決定し、評価しなければいけません。その情報をPDCAサイクルとしてスパイラルの中に取り入れることが重要です。

サイクルの構築は組織を強く変えるきっかけになります。デジタルトランスフォーメーションで目指すべき最終状態であり、目的につながるプロセスの構築です。

デジタルトランスフォーメーションの長期的な変革

デジタルトランスフォーメーションは、単純に業務のデジタル化で終わるものではなく、イノベーションを引き起こすものであるのを忘れてはいけません。イノベーションは一瞬ではなく、変革を続けていくからこそ組織の本質的な部分で強化できます。

現代の日本を取り巻く市場の変化は驚くほど速いでしょう。その中で優位に立つためにも、デジタルトランスフォーメーションが生きてくるのです。

スケジュール管理などもデジタルトランスフォーメーションのターゲットになります。ほんの少し前は、ノートやホワイトボードに予定を書き込み管理していました。それがデジタル化を受け、スケジュール管理用のソフトなどの導入につながっています。このように緩やかな変化もあることを理解していくと、評価を含めたプロセスの構築が見えてくるのです。

グループウェアの働き方改革のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ビジネスメールは書き出しが肝心!注意すべき5つのマナーを紹介
サイバーセキュリティとは?重要性や効果的な導入方法を解説
ナレッジとノウハウの違いとは?共有するためのポイントも紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。