建設業界の方必見!工程管理ツールのメリットやおすすめ3選を紹介

2022/04/26

住まいや施設をつくる建設業界は、いつの時代も暮らしに必要不可欠です。しかし建設業界の現場では、短い工期に追われて業務している方も多いのではないでしょうか。余裕がないスケジュールの中で正確に建設を進めていくためには、「工程管理ツール」が欠かせません。

工程管理ツールにはメリットが多いものの、まだまだ導入していない建設会社も多いようです。そこで本記事では、建設業界が工程管理ツールを活用するメリットや、おすすめ3選をご紹介します。工程管理に悩みを抱える建設業界の方は、ぜひご覧ください。

建設業界が工程管理ツールを活用する3つのメリット

まずは、建設業界が工程管理ツールを活用する3つのメリットについて、順番に解説します。

メリット1:現場で手軽に工程管理できる

建設業界において大きな課題となるのが、現場での工程管理です。紙の工程表を広げるのでは手間がかかりますし、Excelの工程表ではパソコンがないと利用できません。現場で効率的な工程管理が行えないと、管理ミスから大きな手戻りが生じることもあります。

その点、多くの工程管理ツールはクラウド上で工程管理が行えます。現場にいる社員でも、スマートフォンを用いて手軽に工程管理ができるのは大きなメリットです。スマートフォンでの利用も想定されているため、現場でも工程表をスムーズに更新できます。

メリット2:オフィスとリアルタイムに工程表を共有できる

紙の工程表では、その場にいる社員しか最新の工程を把握できません。また、Excelの工程表では現場での工程管理が難しく、工程の更新が後回しになりがちです。こうした工程管理方法では、現場と離れたオフィスとリアルタイムな工程表の共有は難しいでしょう。

その点クラウド型の工程管理ツールなら、現場で工程表を更新すればクラウド上ですぐに反映されます。Webブラウザさえあれば場所を問わずアクセスできるため、オフィスの社員でも最新の工程表を確認できます。リアルタイムな情報共有が可能となり、社員間の連携がスムーズになるでしょう。

メリット3:工程管理にかかる手間を削減できる

紙やExcelの工程表では、手書きや細かいセル操作が必要となり、更新作業に時間がかかります。また、工程表の更新を繰り返すとどうしても煩雑になりやすく、すぐに確認しづらいでしょう。

その点工程管理ツールであれば、工程管理用に最適化されたインターフェースで効率よく更新作業が行えます。また、遅れている工程がひと目で分かるため、確認にも時間がかかりません。工程管理にかかる手間を削減することで、本来の業務に専念しやすくなります。

建設業界向けの工程管理ツールを選ぶ3ポイント

工程管理ツールには様々な製品があり、「どれを選べば良いか分からない」と言う方も多いですよね。ここでは、建設業界の方が工程管理ツールを選ぶ3ポイントについて解説します。

ポイント1:「クラウド型」を選ぶ

工程管理ツールには、クラウド型・オンプレミス型の2種類がありますが、おすすめはクラウド型です。クラウド型はデータをクラウド管理できるため、現場でもスマートフォンから使えます。また、自社サーバーを必要としないためコストを抑えやすいのも魅力です。オンプレミス型は自社サーバーを用いるため、現場で使えないケースも少なくありません。

ポイント2:使いやすいものを選ぶ

使いにくい工程管理ツールだと、日々の工程管理でストレスを抱えることになってしまいます。操作画面や操作方法を確認して、使いやすいものを選びましょう。現場で使うことを考えると、スマートフォンでも使いやすいものがベストです。無料トライアルを利用して、試しに導入してみるのも良いでしょう。

ポイント3:機能とコストを考慮して選ぶ

工程管理に使える製品には、顧客管理など幅広い機能を持つものも多くあります。こうした多機能な製品は便利ですが、当然ながらその分コストも高くなります。機能とコストを考慮して、企業にとって最適な製品を選びましょう。使わない機能があるのでは、高機能でもコストの無駄になってしまいます。

建設業界におすすめの工程管理ツール3選

建設業界におすすめの工程管理ツールを3つピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

スマートフォンでも使いやすい「アイピア」

「アイピア」は、株式会社アイピアが提供している建設業界向けの管理システムです。工程管理はもちろん顧客管理や発注書作成など、建設業界に必要な幅広い機能がそろっています。より多くの業務を効率化できるでしょう。また、スマートフォンでも使いやすいよう設計されており、現場でもストレスなく使えます。

全現場の工程を一元管理できる「ダンドリワーク」

「ダンドリワーク」は、株式会社ダンドリワークが提供する建設現場向けのコミュニケーションツールです。チャットや掲示板など、コミュニケーションに役立つ機能が充実しています。工程管理機能では、すべての現場を一元管理することが可能です。各現場の状況がガントチャート形式で、ひと目で把握できます。

工程以外も幅広く管理できる「アラジンオフィス」

「アラジンオフィス」は、株式会社アイルが提供している在庫管理・販売管理・生産管理を兼ね備えたシステムです。工程管理はもちろん在庫管理や販売管理もカバーできるため、施工以外の業務も幅広く行う企業に適しています。また、案件ごとに収支を見える化できるため、企業の経営判断にも役立つでしょう。

建設業界のスケジュール管理には「アイポ」がおすすめ

建設業界にとって、工程管理と同じくらい重要なのがスケジュール管理です。スケジュール管理に問題があると社員のスムーズな連携は難しく、業務効率が低下してしまいます。スケジュール管理ツールを導入するなら、「アイポ」がおすすめです。

アイポは、情報共有やコミュニケーションに役立つ機能を多数持つグループウェアです。特に「カレンダー機能」が充実しており、シンプルで操作性の高いインターフェースで効率よくスケジュール管理が行えます。また、日程調整や設備予約といった機能も兼ね備えており、幅広いシーンで活用できます。

アイポはサブスクリプション方式のため、初期費用なくスピード導入が可能です。「ミニマムプラン」なら1ユーザーあたり月額たったの200円から利用できます。スケジュール管理を効率化するなら、ぜひアイポの導入をご検討ください。

工程管理・スケジュール管理にITを取り入れて業務効率化しましょう!

今回は建設業界が工程管理ツールを活用するメリットや、おすすめ3選をご紹介しました。

日本の労働人口は減少の一途をたどっており、建設業界でも多くの企業が人材不足に頭を抱えています。既存の社員だけで効率的に業務を進めていくためには、工程管理やスケジュール管理の効率化が大切です。

しかし、アナログな手段では多くの無駄が発生する上に、状況の変化に対応できません。建設業界の工程管理やスケジュール管理にも、IT化が求められます。建設業界にITを取り入れて業務効率化したい方は、今回ご紹介した工程管理ツールやアイポをぜひご導入ください。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

OJTで失敗しない方法をご紹介!よくある失敗ケース4つ
建設業界におけるQCDSEとは?基礎知識やおすすめITツールを紹介
Excelは時代遅れなのか?Excelでのスケジュール調整が難しい理由

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。