チェンジマネジメントを解説!上手に活用して企業成長に繋げよう

2021/08/25

企業の成長の一要因になるのが「マネジメント」です。ある目標に向かって、組織を管理・運営して成果を上げることであるマネジメントですが、近年の目まぐるしく変わっていく経済状況にうまく機能しなくなってきているという事実があります。

数ある競合との競争で勝ち上がっていくためにも柔軟に対応し、企業の変化が必要な場合迅速に対応していくことが求められます。今回は環境変化に柔軟に対応していくために企業が行う手法のひとつ、「チェンジマネジメント」について、詳しく確認していきましょう。

「チェンジマネジメント」の手法にご興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

チェンジマネジメントとは

チェンジマネジメントは、企業の方針・戦略を改革、組織の再編を効率的に成功へ導くために行うマネジメント手法のことを指します。
現代の目まぐるしく変化する社会情勢で競合がひしめき合う中、生き残りかつトップに躍り出るためには、会社全体が同じ方向・同じビジョンで、柔軟に対応していく必要があります。
しかし、何かを変えるということを組織規模で行うと変化に対応できない人や不満を抱えてしまう人が必ず出てきます。
チェンジマネジメントはこういった変革・革新による変化に個人レベルから組織レベルまですべてが効率的に順応していけるようにしていくことが可能です。

つまり企業の成長には、チェンジマネジメントは欠かすことのできない取り組みであることが分かると思います。

チェンジマネジメントは3段階に分かれる

チェンジマネジメントは、社員一人に対して行う「個人レベル」、プロジェクトチーム単位で行う「プロジェクトレベル」、企業全体で行う「組織レベル」の3つの段階に分類されます。規模によってチェンジマネジメントをどのように行うかを確認していきましょう。

個人レベルのチェンジマネジメント

個人レベルで行う際には、社員一人ずつの性格や能力の把握が必要不可欠になります。
人によって、物事の受け入れ方は違うため、働きかけ方も変えていく必要があるのです。
どのようにアプローチしていけば、受け入れてもらえるのかを見極め、時には心理学や神経科学の分野を用いてのマネジメントも必要になってきます。

プロジェクトレベル

プロジェクトレベルでのチェンジマネジメントに必要なことは、変革を必要とするのが誰かを見極めることになります。プロジェクトの状況を見て、変革を必要とするチームもしくは個人を見極め、どのように変わっていけばいいのかを決定します。

次に変革によって影響を受けるグループ・社員を組み分けし、プランを決めて、必要な気付きを与えて、リーダーシップやコーチング、トレーニングを受けることが出来るようにします。プロジェクトレベルで行うチェンジマネジメントは、プロジェクトマネジメントを補完するものとして用いられます。

組織レベル

組織レベルのチェンジマネジメントは、常に変化する世界情勢に順応し、競合他社との差別化によって企業に高い成果をもたらします。組織全体でチェンジマネジメントを行えると、組織内部の役割・構造・プロセス・プロジェクトといった様々な領域にチェンジマネジメントがいきわたっているということになります。

これは、チェンジマネジメントが自然と取り入れられ、プロジェクトリーダー等は、チームの誰に変革が必要か、誰をどのように導けば良いのか見極めるスキルを身に着けており、どのようにしていけば企業成長に繋がるのかを理解している状態になります。

企業がチェンジマネジメントを取り入れることで、個人が変革を早く受け入れることが出来、市場変化に臨機応変に順応していけるように戦略的に経営を行っていけるようになるでしょう。

チェンジマネジメントの必要性

チェンジマネジメントの必要性は、現在の組織の在り方にあります。前時代では大規模な変革は数年単位のスパンで行われていましたが、現代では、とてもスピーディー移り変わり、変革の中身も複雑化しています。

目まぐるしく変化する市場で、土台をしっかりと作り、成果を出すために変化を受け入れて組織を変えていくことが、「チェンジマネジメント」です。組織の変革は業績を向上させるために行われますが、業績を向上化させるために必要なのは、個人個人が仕事のやり方を変えていくことにあります。

重要なプロジェクトほど仕事のやり方を変えていくことが必要になります。また、プロジェクトの成功確率上げていくことにもなるでしょう。

チェンジマネジメントを成功ポイント

チェンジマネジメントで成果を確実に出していくためのポイントは、皆が前向きに変革に取り組めるような環境作りが必要になります。ここでは、変革成功の8段階プロセスを紹介します。

【1危機意識の向上】
チェンジマネジメントの取り組みの始めに行うのが「危機意識」の向上です。競合の脅威や社会情勢の変化、市場のニーズを分析・調査し変化を必要とする根拠を提示して理解してもらいます。
【2能力別編成】
個々の危機意識を向上させることにせいこうしたら、今度は変革に取り組むチームを作成します。チーム編成のコツは、プロジェクト進行能力を有していて、従業員に影響力がある人を優先的に選びます。企業の変革成功にはこの人選がとても重要になります。過去の実績・将来性を考慮した選定を心がけましょう。
【3ビジョンの明確化】
変革に向けて具体的なビジョンを共有します。「企業が最終的にどのような状態を迎えるべきか」がビジョンとなります。ビジョンを決めるポイントは、明確であるか・従業員の期待に沿っているか・実現可能か・組織の道筋の理解度・柔軟な対応が可能か・わかりやすく説明可能かといったことを意識しましょう。
【4ビジョンを広める】
3で決まったビジョンを従業員に理解してもらいます。皆が同じ解釈となるように上手に説明をする必要があります。どのような思いがそのビジョンに込められているかを伝えましょう。
【5自ら行動を行えるように】
ビジョンを踏まえただけでは、変革にはなりません。ビジョンに向かって従業員が自発的に行動できるように、行動リストや仕組み、手本などを見せていきましょう。
【6短期目標を設定】
ビジョンは企業が目指すゴールの為、達成には時間がかかります。先が長い目標だと従業員のモチベーションは低下してしまうので、短期的な目標を設定し、評価をすることでモチベーションを維持しましょう。
【7達成目標の活用】
短期目標を継続的に達成していると企業の目指すビジョンに近づいていることを感じることが出来ます。合わせて達成した目標を業務に活かしていくことが出来れば、業務効率が格段に上がり、ビジョンにも早くたどり着けるでしょう。
【8新たなやり方に順応】
短期目標で有効的に行えるやり方が見つかったら組織全体に広めいきましょう。従業員が全員適応できれば加速度的に企業は成長していくでしょう。

【まとめ】組織の課題を解決するにはインターナルコミュニケーションが重要

チェンジマネジメントについて理解は深められたでしょうか。

チェンジマネジメントは企業を成長させるための手法の一つであり、変化していく社会で生きていくには企業に所属する一人一人が一丸となってビジョンに向かっていくことが重要です。

ビジョンの統一に、チェンジマネジメントの成功に必要なのは、インターナルコミュニケーションです。いわゆる社内広報のことですが、経営陣だけでなく、末端の従業員に迄情報がいきわたることが重要になります。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

グループウェアの働き方改革のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

社員研修はITツールで効率的に!理由やおすすめ3選をご紹介
ビジネスにおける属人化とは?3つの問題点や防ぎ方をご紹介
建築事務所がITで業務効率化をする方法8選を紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。