場所を入力して地図アプリを起動

Aipoカレンダーに予定を入力する際、「場所」という項目があることをご存知でしょうか。

こちらは予定の場所をメモしておくために使用していただいても問題ございませんが、住所、もしくは郵便番号を入力することでお使いの端末の地図アプリを起動させることができます。

スケジュールを登録する際の画面で「場所」という項目に任意の場所を入力してください。

今回は「東京駅」と入れてみます。

その後スケジュールを追加していただくと、通常通りカレンダー上に予定が表示されます。

その予定をもう一度開き、入力した場所をクリック(タップ)することでお使いの端末の地図アプリが起動します。

パソコンでも当然お使いいただけますが、やはりスマートフォンでの使用が非常に便利です。

上の動画のように、どこにいてもスマートフォン上から登録していた住所を端末の地図が示してくれるので、迷うことがなくなります。

シンプルではありますが、とても便利な機能ですのでぜひ利用してみてください!

グループウェアのスケジュール管理のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

クラウド型のタイムカードの導入で得られる5つの効果と注意点
エクセルは時代遅れ!令和時代の社内の情報共有化ツールとは?
手軽に離れた場所の相手に相談して情報共有するには

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。