「できるビジネスマン」になるには?3つの特徴や方法をご紹介

2021/09/29

ビジネスマンであれば、誰もが「できるビジネスマンになりたい」と考えるでしょう。しかし、具体的にどのような人が「できるビジネスマン」であるか、ご存じない方も多いのではないでしょうか。当然ながら、髪型など見た目を整えただけでは「できるビジネスマン」にはなれません。

できるビジネスマンになるためには、その特徴や実現方法を把握することが大切です。そこで本記事では、できるビジネスマンの特徴や、できるビジネスマンになるための方法をご紹介します。これから会社での活躍を目指す新入社員の方はもちろん、社員の育成にお悩みの管理職の方も、ぜひお読みください。

「できるビジネスマン」が持つ3つの特徴とは

できるビジネスマンになるためには、その特徴を把握することが大切です。まずは、できるビジネスマンに共通する3つの特徴について、順番に解説します。

特徴1:「無駄」に対する嗅覚が鋭い

業務のプロセスには、さまざまな「無駄」が潜んでいるものです。単体で見れば小さな無駄でも、頻繁に繰り返すことで蓄積され、大きな無駄となります。結果として生産性は低下し、業務の成果が出ないため会社からの評価も上がりません。

できるビジネスマンは業務について本質的に理解し、こうした無駄を検出することに長けています。そして、無駄を解消するための改善策を検討し、迅速に取り入れます。その結果、業務を重ねるごとに生産性が高まり、成果を出せる人材となるのです。

特徴2:主体性がある

与えられたタスクを正確にこなすことももちろん大切ですが、それだけでは不十分です。できるビジネスマンは主体的に判断し、自らの責任で行動できる特徴があります。主体性のある人材は新しい考えを取り入れられるため、組織の活性化につながるのです。多くの企業が、こうした人材を求めています。

そもそも、上司からの指示が正しくないケースも考えられます。「上司の指示は常に正しい」という固定観念を排除して、自分の価値観に基づいて判断する必要があります。指示内容に間違いや改善点がある場合は、臆せず意見を言える強さも必要です。

特徴3:失敗を次に活かせる

人間である以上、どんなに優秀なビジネスマンであってもミスはするものです。できるビジネスマンはこうしたミスの原因を分析し、対策を取り入れることで同じミスを繰り返しません。逆に言えば、ミスから学ばない人は何度も同じミスを繰り返すのです。

ただし明らかなミスでなくても、細かい判断誤りなどの「失敗」は考えられます。できるビジネスマンは、終わった仕事についても十分な振り返りを行い、こうした失敗を見逃しません。いかに多くの失敗から学び、作業品質を向上させられるかがビジネスマンにとって重要です。

「できるビジネスマン」になる3つの方法

では、できるビジネスマンになるためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか。もちろん、前述の特徴を意識するだけでも、少なからず変化は期待できます。しかし、より効率的に「できるビジネスマン」を目指すなら、実現するための方法を知っておくべきです。

ここでは、できるビジネスマンになるための3つの方法について、順番に解説します。

方法1:参考書でコツを学ぶ

実際のところ、できるビジネスマンになるためのノウハウは、ここではご紹介しきれないほど存在します。こうしたノウハウをまとめて習得するのであれば、参考書を読むのがおすすめです。参考書にはノウハウが体系的に整理されているため、必要な情報を効率的に学べるメリットがあります。

現在では、できるビジネスマンを目指す方向けの参考書は数多く出版されています。おすすめの1冊は、できるビジネスマンのマネジメント本です。ビジネスマンとして必要なスキルがまとめて把握できるだけでなく、セルフマネジメントのコツなども分かります。

方法2:「思考力」のトレーニングを行う

先ほど挙げた「できるビジネスマン」の特徴には、いずれも「思考力」が大きく関わってきます。理想的な思考力を身に付けることは、できるビジネスマンへの近道となるでしょう。ビジネスマンにとって有用な思考法について把握し、トレーニングを継続的に行っていくのが効果的です。

具体的には、下記2つの思考法を身に付けることをおすすめします。

  • ロジカルシンキング(論理的思考)
  • クリティカルシンキング(批判的思考)

ロジカルシンキングは、筋道を立てて物事を合理的に考える思考法です。クリティカルシンキングは、「本当に正しいのか」などと批判的に考えて、物事の問題を特定する思考法です。具体的なトレーニング方法については、やはり参考書を読むのが良いでしょう。おすすめの参考書を1冊ずつ紹介しますので、ぜひご一読ください。

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

クリティカルシンキング 入門篇: あなたの思考をガイドする40の原則

方法3:ITツールを活用する

手帳などのアナログな業務のやり方では、どうしても無駄が発生しやすいでしょう。手書きだと煩雑になりミスが発生しやすく、チームで情報共有する際にもかなり不便です。できるビジネスマンの多くは、無駄をなくすためにオンラインで使える「ITツール」を活用します。

たとえば、スケジュール管理ツールを使えば、パソコン操作で簡単にスケジュール更新が行えます。カレンダー形式で分かりやすくスケジュール管理でき、ミスを防止することが可能です。また、チームメイトとの情報共有もパソコンを用いてリアルタイムに行えます。

こうしたITツールを活用することで生産性が向上し、できるビジネスマンに近づきます。ITツールをチーム全体に導入すれば、チームワークの強化にもつながるでしょう。

ITツールを活用して、できるビジネスマンを量産しましょう!

今回はできるビジネスマンの特徴や、できるビジネスマンになるための方法をご紹介しました。できるビジネスマンになれば業務の成果が上がり、会社の利益拡大につながります。また、会社からの評価アップも期待でき、個々のビジネスマンにとってメリットが大きいのです。

一方で、チームとして「できるビジネスマン」を育成することも重要です。できるビジネスマンを量産できれば、チームの成果は飛躍的にアップするでしょう。それを実現するためには、チーム全体でITツールを活用して、生産性を高めることが鍵となります。

ITツールの活用を検討している管理者の方には、チーム全体の情報共有に役立つ「グループウェア」が最もおすすめです。複数のITツールを導入せずとも、様々なビジネスシーンで業務効率化できる多彩な機能があります。できるビジネスマンを量産してチームを発展させたい方は、グループウェアを始めとしたITツールの活用をご検討ください。

グループウェア「アイポ」

グループウェアの働き方改革のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

残業過多になる原因はどこに?改善方法の模索のポイント
スケジュール管理に便利なリマインダーとは?メリットや活用例を紹介
円滑にペーパーレス化を実現する方法!ペーパーレス化の導入効果とは

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。