ビジネスで仕事を任される人材の特徴7つとは?成長のヒントを紹介

2022/01/27

人生の中で大きなウェイトを占める仕事の時間を、充実させたいと誰もが考えるでしょう。しかし、「簡単な仕事しか任されなくて退屈…」とお悩みのビジネスパーソンも多いですよね。やはり大きな仕事の方がやりがいはありますし、成功すれば社内評価アップにもつながります。

ビジネスで大きな仕事を任される人材には、主に7つの特徴があります。こうした特徴を把握することで、ビジネスパーソンとして成長するためのヒントが得られるでしょう。そこで本記事では、ビジネスで仕事を任される人材の特徴7つをご紹介します。

思うように仕事を任せてもらえずお悩みの方は、ぜひご覧ください。

ビジネスで仕事を任される人材の特徴7つ

早速ですが、ビジネスで仕事を任される人材の多くが持っている7つの特徴について、順番に解説します。

特徴1:相手の目線で考えられる

管理職や上司が「この人に仕事を任せたい」と思えるような人材は、少なくとも相手から一定の評価を獲得しているでしょう。つまり、相手から「仕事ができる人」と思われている可能性が高いのです。こうした評価を得るためには、相手の目線に立って考えることが重要です。

ビジネスで仕事を任される人材は、相手が求めているものを客観的に考えて、それを達成するために行動できます。結果として相手の期待通りの成果を上げられるため、評価を積み重ねやすいのです。

特徴2:「逆算思考」ができる

ビジネスで仕事を任される人材は、「逆算思考」を得意としています。逆算思考とは、ゴールをまず見据えて、そこに向かうために必要なプロセスを逆算的に考えるアプローチのことです。逆算思考がしっかりできると、ゴールを把握しつつ着実に正しいプロセスを遂行できるため、成果を上げやすいといえます。

ゴールから逆算して必要なプロセスを洗い出したら、具体的なスケジュールも見えてきます。それを管理職や上司に提示すれば、相手に大きな安心感を与えることが可能です。仕事を任される人材は、こうした積み重ねによって評価を高めているといえます。

特徴3:積極的に情報発信できる

「報・連・相」はビジネスの基本と言われますが、「自分は完璧にできている」と自信を持って言える方は多くないでしょう。必要な情報発信を怠って相手から声を掛けられるようでは、評価は上がりません。相手に不安を与えるだけでなく、問題が生じた時のフォローが遅れて、取り返しがつかなくなることも考えられます。

ビジネスで仕事を任される人材は、こうした情報発信をおろそかにせず、自分から積極的な情報発信ができます。相談されることを嫌がる管理職や上司は、まずいません。些細なことでも自分から相談していくことで、「自分を信頼しているのだな」と思われて、相手からの信頼感もアップします。

特徴4:行動に移すのが早い

管理職や上司には、「自分の仕事を優先して対応してほしい」という気持ちがあるはずです。もちろん仕事の優先順位は管理職や上司の一存では決められませんが、任せた仕事を後回しにされるのは面白くありません。

そういった意味で、任された仕事を素早く行動に移してくれる人材には、気持ちよく仕事を任せやすいのです。仮に成果物の質が同じだとしたら、対応が早い人に優先して仕事を任せたいと思うでしょう。たとえ急ぎの仕事でなくとも、できる限り素早く着手を開始してくれるような人材が、仕事を任されやすいのです。

特徴5:「問題解決能力」が高い

ビジネスで仕事を任される人材は、「問題解決能力」に優れています。問題解決能力とは、その名の通り問題を解決に導くための能力です。つまり問題の原因を特定して、最適な解決策を講じ、それを実践して問題を解決させることを意味します。

現代のビジネスでは、予測の難しい様々な変化が起きています。問題解決能力が高い人材は、不測の事態でも臨機応変に対応できるのです。管理職や上司の判断だけに任せず、自分で最適解を模索して提案できるような人材には、安心して仕事を任せられます。

特徴6:成長志向が高い

管理職や上司には、部下の育成という大切な任務もあります。仕事を任せるからには、そこから何らかの学びを得てほしいのです。そういった意味で成長志向が高い人材には、積極的に仕事を任せたいと考えます。

与えられた仕事をただ事務的にこなすだけではなく、取り組む中で新しい学びを積極的に探すのです。そして、そこから得た学びを次の仕事に活かして成長を見せれば、「この人に仕事を任せて良かった」と思ってもらえるでしょう。

特徴7:プロ意識を持っている

ビジネスで仕事を任される人材は、プロ意識を持って仕事に取り組みます。どんな些細な仕事でも手を抜かず、真剣に取り組むのです。たとえ上手く行かなくても、言い訳したり他人のせいにしたりしません。

プロとして任された仕事と真剣に向き合う姿勢を見れば、管理職や上司にも本気度が伝わります。こうした人材には、積極的に仕事を任せたいと思うだけでなく、つまずいていたら進んでフォローしたいという感情も生まれるものです。

仕事を任される人材になって、ワークライフバランスを向上させましょう!

今回は、ビジネスで仕事を任される人材の特徴7つをご紹介しました。

仕事を任される人材になれば、日々のビジネスが充実したものになります。その結果、オフの時間もより快適に送れるようになり、ワークライフバランスの向上につながるでしょう。それを実現するためには、仕事を任される人材の特徴を把握することが大切です。

特徴を把握すれば、成長するためにどうすべきかも見えてくるでしょう。たとえば、逆算思考や問題解決能力を養うなら、参考書を読むのが効果的です。また成長志向などは、意識を変えていくだけでも少なからず効果があるでしょう。

ただし、3つ目の特徴としてご紹介した「積極的に情報発信できる」については、参考書や意識だけでは実現できません。最近では対面で会話ができないテレワークも増えていますし、外回りが多い仕事の方もいるでしょう。

情報発信を行いやすくするなら、「グループウェア」がおすすめです。グループウェアとは、情報共有やコミュニケーションを効率化するITツールで、多くの企業が利用しています。グループウェアの「ビジネスチャット」や「報告書機能」などを使えば、離れた相手への情報発信が手軽になります。

グループウェアでできることを詳しく知りたい方は、次の記事をご一読ください。

ビジネスで仕事を任される人材を目指している方は、管理職や上司にグループウェアの導入を提案してみるのも良いでしょう。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

OJTで失敗しない方法をご紹介!よくある失敗ケース4つ
建設業界におけるQCDSEとは?基礎知識やおすすめITツールを紹介
Excelは時代遅れなのか?Excelでのスケジュール調整が難しい理由

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。