ビジネスで人手不足が起こる理由とは?3つの解決策もご紹介

2022/06/01

昨今では、日本企業の多くが人手不足に悩まされています。その大きな理由は、日本の労働者構成の変化です。日本の労働人口は1995年ごろから減少の一途をたどっており、新しい人材の確保が難しくなっています。社員を増やせないまま定年を迎えた社員が退職していけば、人手不足になるのは当然です。

また、「超高齢社会」を迎えて久しい日本では、高齢者の増加も人手不足の大きな理由となっています。特に医療業界・介護業界では、高齢者の増加による需要の拡大に人材確保が追いつかないケースが多いでしょう。

しかしビジネスで人手不足が起こる理由は、他にもさまざまなものが考えられます。労働人口減少や需要拡大のせいにしていては、人手不足の問題は解決しません。これからの時代に企業が存続していくためには、人手不足が起こる理由やその解決策を把握することが大切です。

そこで本記事では、ビジネスで人手不足が起こる3つの理由や、3つの解決策をお伝えします。自社の人手不足を解消したい方は、ぜひご覧ください。

ビジネスで人手不足が起こる理由3つ

人手不足が起こる理由は企業によっても変わりますが、ここでは業種を問わず多くの企業が抱えている3つの理由について解説します。

理由1:働きづらい職場環境のため

まず挙げられるのは、職場環境が働きづらいこと。働きづらい職場環境だと社員の不満が増えて、離職率が上昇してしまいます。既存の社員が減れば、人手不足に陥るのは当然でしょう。人間関係や福利厚生など、社員が不満を抱える要素がないか見直しが必要です。

また、昨今ではライフスタイルの多様化にともなって、テレワークをはじめとする新しい働き方も一般的となっています。求職者が仕事を選ぶ上で、働き方の自由度は今や重要なポイントの1つです。その点、勤務時間や勤務場所といった制約が多い職場では働き方の自由度が低く、求職者に敬遠される恐れもあります。

理由2:業務効率が低いため

十分な社員数は確保できていても、業務効率が低いために人手不足と感じるケースも少なくありません。特にアナログ体質な職場だと業務に無駄が生じやすく、社員1人ひとりの業務効率が低下しがちです。また、社員同士の情報共有やコミュニケーションが非効率的だと、チームとしての業務効率も低下します。

こうしたケースでは、人材を増やしたからといって簡単に人手不足が解決することはありません。新人教育の負担が増えて、かえって既存社員の業務効率が低下してしまいます。社員個人やチームの業務効率を底上げしなければ、人手不足の解決にはつながらないでしょう。

理由3:人材育成が進まないため

職場で主力となっているベテラン社員も、いつかは退職してしまいます。優秀な人材が定年で退職する前に、新しい人材を育成することも日本企業の重要課題です。しかし人材育成に十分な時間を割けず、ベテラン社員から若手社員へのノウハウ継承が進まない企業も少なくありません。

現実には、若手社員1人ひとりにベテラン社員が手取り足取り教えることは難しいでしょう。限られた人的リソースの中で人材育成を効率的に進めるためには、マニュアルや社内研修制度の整備が必要不可欠です。とはいえ、人材育成を進めるための仕組みづくりにも多くの手間やコストがかかるため、容易ではありません。

ビジネスの人手不足に対する解決策3つ

ここでは、ビジネスの人手不足に対する3つの解決策をご紹介します。

解決策1:働きやすい職場環境づくりに取り組む

働きやすい職場環境を構築することで、社員の定着率が高まり人材の流出を抑制できます。また、職場環境を1つの魅力として対外的にアピールでき、採用候補者の獲得も容易となるでしょう。

まず取り組みたいのは、やはりテレワークの導入促進です。テレワークを導入すれば勤務時間や勤務場所の制約が少なくなり、人材採用の間口が広がります。もちろん、人間関係や福利厚生といった部分の見直しも必要です。既存社員からアンケートなどで不満を抽出し、改善の余地があれば見直しましょう。

解決策2:社員の配置や業務の割り振りを見直す

「適材適所」という言葉は、社員にも当てはまります。それぞれの社員にとって最適なポジション・業務内容を与えることで、業務効率の向上が期待できます。社員の業務効率が高まれば、人材を増やさなくても人手不足の改善につながるでしょう。

社員の配置や業務の割り振りを見直し、問題があれば是正するべきです。最適なポジション・業務内容は社員によってさまざまなため、二者面談などを行い個別に対応する必要があります。

解決策3:ITツールを有効活用する

人手不足を解決する上で、ITツールの有効活用がカギとなります。ITツールによって、社員個人の事務作業やチームの情報共有を効率化することが可能です。また、人材育成のためのマニュアル整備やテレワーク環境構築にもITツールが欠かせません。

ただしITツールには多くの製品があり、それぞれ機能も異なります。どんな課題を解決したいのか明確にした上で、用途に合わせて適切なITツールを導入しましょう。人手不足にITツールが役立つ理由について知りたい方は、次の記事もご覧ください。

人手不足でも大丈夫!業務負担を減らせる「ITツール」をご紹介

人手不足のベストな解決策はITツールの活用

今回はビジネスで人手不足が起こる3つの理由や、3つの解決策をお伝えしました。労働人口の減少が続く日本において、ビジネスの人手不足を完全に解決することは簡単ではありません。しかし、今回ご紹介した解決策を取り入れることで、少しでも人手不足の改善につながるでしょう。

中でもベストな解決策は、ITツールの活用です。ITツールによって業務効率化や人材育成、テレワーク環境構築といった課題を全て解決できます。とはいえ、たくさんのITツールを導入すれば当然ながらコストも増大します。少ないコストで最大限の成果を上げるなら、グループウェア「アイポ」がおすすめです。

アイポは1,700社以上の導入実績があるグループウェアで、情報共有やコミュニケーションに役立つ機能を多数搭載しています。具体的には、下記のような機能が人手不足の解決に役立つでしょう。

  • スケジュール管理を効率化できる「カレンダー機能」
  • 電子マニュアルを作成できる「社内Wiki」
  • テレワークでも意思疎通できる「ビジネスチャット」

アイポは安価な月額料金だけで利用開始できるサブスクリプション方式です。また、シンプルで使いやすいインターフェースのため、ITツールに慣れていない社員でも心配ありません。人手不足を賢く解決したい方は、ぜひアイポの導入をご検討ください。

グループウェアの働き方改革のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

OJTで失敗しない方法をご紹介!よくある失敗ケース4つ
建設業界におけるQCDSEとは?基礎知識やおすすめITツールを紹介
Excelは時代遅れなのか?Excelでのスケジュール調整が難しい理由

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。