ビジネスにおけるインプット・アウトプットとは?

2022/03/15

ビジネスにはインプットとアウトプットという言葉があります。仕事をうまく遂行していくためには、このどちらも欠かすことができません。しかし、インプットとアウトプットの意味がよく理解できていないと、実践することもままなりません。 本記事ではビジネスにおけるインプット・アウトプットについてご紹介していきます。

インプットとは?

インプットとはもともと英語で「入力する」という意味があります。特にコンピューターに情報を入力する時に使われていました。今では、知識をインプットするといったように幅広い意味合いで使われいます。 ビジネスシーンにおいては、仕事に必要な知識や体験を得る時にインプットという言葉が使われます。

ビジネス本を読んだり、講習会に参加することを「インプットする」といいます。インプットは何もビジネスに関係することだけではなく、日常生活のあらゆる場面で学ぶ機会があれば、仕事のためのインプットにつながる可能性があります。

インプットするのに最適な時間は?

インプットするのに最適な時間は、自分の集中力が最も高まる時間帯です。集中力が高まる時間帯は人によって異なり、朝方や夜型、もしくは起きてすぐの時間帯など、自分が最も集中できる時間帯にインプットをおこなうと、知識を吸収しやすくなります。

仕事に慣れるまではインプットが重要

仕事を始めたての頃は、新しい業務をこなすため様々な新しい知識や経験が必要になってきます。そのためインプットの機会も増えるのですが、仕事を数年こなして慣れてくると、業務を自然とこなせるようになり、インプットの機会は減っていきます。 しかしここでインプットするのをやめてしまうと、新たな情報や知識が入ってこなくなります。

そうすると企業からは向上心やモチベーションの低い社員と見なされ、評価を落としてしまうことに繋がりかねません。 仕事に慣れるまでは当然インプットは必要ですが、仕事に慣れてからもインプットの姿勢を貫けるかどうかが、今後のキャリアや企業の業績に繋がっていくのです。

アウトプットとは?

アウトプットはもともと「出力する」という意味があります。コンピューターから情報を取り出す際に使われていましたが、現在ではインプットした情報を活かして仕事の成果につなげることをいいます。

例えばビジネス本で得た知識を活かしてプレゼンを成功させたとすれば、それはビジネス本というインプットを活かしたアウトプットと言えるでしょう。

これからもわかるように、より多くのインプットを取り入れれば取り入れるほど、アウトプットもより大きなものとなることが期待できます。またインプットとアウトプットを繰り返すことで、仕事の質が定着し、より安定して成果を生み出すことが可能となります。

アウトプットの重要性

社会人になると、アウトプットの重要性は増していきます。学生の時はどちらかと言えば勉強という名のインプットに重きを置き、アウトプットと言えばテストの時に個人能力が試されるぐらいでした。しかし会社に入って社会人になると、プレゼンや社内でのやり取り、顧客との商談と言ったアウトプットの機会が増していきます。

そのため、アウトプットの存在感が大きくなります。 しかし、アウトプットの機会が増えるからと言ってインプットを疎かにしてよいわけではありません。先ほどもいったようにより良い成果を生むためにはインプットが欠かせません。

学生の時と同じぐらいインプットに力を注げる人が、質の高いアウトプットを生み出すことが出来るのです。

インプット・アウトプットを繰り返すことのメリット

インプットとアウトプットを繰り返すことで得られるメリットについてご紹介していきます。

スキルの定着

インプットとアウトプットを繰り返すことで、スキルの定着に繋がります。知識がいくら豊富でも、ビジネスの世界では実践して成果を出さないことには評価されません。最初は上手くいかず失敗を重ねる結果となっても、諦めずにインプットとアウトプットを繰り返すことで仕事の感覚を掴んでいき、最終的には仕事やスキルの定着に繋がるのです。

仕事に自信がつく

インプットとアウトプットを繰り返すことで仕事が出来るようになっていくと、自信がついてきます。仕事ができるようになってくれば、他の社員に仕事を教えれるようになったり、さらなる高みを目指すことができます。また安定してアウトプットを出せるようになれば、自身の評価も上がっていくことでしょう。

インプット・アウトプットを効率的におこなう方法

インプット・アウトプットは出来るだけ効率的におこなっていきたいものです。以下でインプット・アウトプットを効率的におこなう方法についていくつかご紹介していきます。

常に学ぶ姿勢を忘れない

より良いアウトプットを生み出すためには、学ぶ姿勢を常に忘れてはいけません。例として、同じ時期に入社した社員のAさんとBさんがいるとします。Aさんは仕事を上手くやろうとはしていますが、知識をつけようとはせず、その場しのぎの対応で業務をおこなっていました。

一方のBさんは仕事で成果を上げるために、仕事に出社する前と就寝前に、1日1冊のビジネス本を読むようにしていました。 その結果、数年後にAさんは同じ役職に留まったのに対し、Bさんは昇進してエリアマネージャーに抜擢されました。

これは一例にすぎませんが、インプットした知識は必ず仕事の場面で役に立ちます。常に学ぶ姿勢を忘れないことで、インプットとアウトプットを効率的におこなうことが可能となるのです。

具体的な目標を掲げる

仕事において具体的な目標を自分自身に課すことで、インプットとアウトプットが効率的におこなえるようになります。例えば「月10万円の売上を上げる」という目標を立てれば、月10万円の売上を上げるにはどうすればよいかを、まずはビジネス本やインターネットで自分なりに調べてインプットします。

そして、そのインプットをもとに、顧客に営業をかけて商品を買ってもらうために様々なアウトプットを試行します。 目標を達成するために同僚や上司からアドバイスを貰うこともあるでしょう。このように目標を立てることで自然とインプット・アウトプットを繰り返す構造が出来上がるのです。

フィードバックを参考にする

プレゼンやセミナー講義をした際に、上司や同僚からフィードバックを貰うことがあるでしょう。そのフィードバックを素直に受け入れ参考にすることで、知識としてインプットし、次のプレゼンやセミナーなどのアウトプットに活かせることが期待できます。

フィードバックを読む際は感情的にならず、自分のためになるかや、次の仕事に活かせるかと言った観点で冷静に読むことが大事です。このことでインプット・アウトプットのルーティーンを効率的におこなえるようになることが期待できます。

ビジネスではインプット・アウトプットが重要

ビジネスにおいては勉強=インプット、成果=アウトプットです。仕事を上手くこなすためには、このどちらも欠かすことができず、積極的におこなっていく必要があるでしょ

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

OJTで失敗しない方法をご紹介!よくある失敗ケース4つ
建設業界におけるQCDSEとは?基礎知識やおすすめITツールを紹介
Excelは時代遅れなのか?Excelでのスケジュール調整が難しい理由

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。