あらゆるビジネスに必須の情報収集能力!高め方やポイントを紹介

2022/06/23

「情報社会」と言われて久しい日本では、どんなビジネスにも情報収集が欠かせません。たとえば、消費者に自社商品を効果的に売り込むためには、市場や競合他社の情報を収集することが求められます。十分な情報収集が行えなくては、仕事の成果はもちろん自らの社内評価も上がりません。

あらゆるビジネスパーソンには、一種のビジネススキルとして「情報収集能力」が求められます。情報収集能力とは、その名の通り情報を収集する能力のことです。しかし情報収集能力の意味は把握していても、どのように高めれば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、情報収集能力の高め方3つや、情報収集を成功させるための3ポイントをご紹介します。情報収集がスムーズにできずお悩みのビジネスパーソンは、ぜひご覧ください。

情報収集能力の高め方3選

情報収集はビジネスパーソンにとって当たり前の作業ですが、意外と能力差が生じやすいものです。情報収集能力が低いと、余計な時間を浪費してしまうばかりか、必要な情報が集まらず仕事に悪影響が生じることも。ここでご紹介する情報収集能力の高め方3つをしっかり押さえておきましょう。

その1:日常的に情報収集する習慣を取り入れる

情報収集能力を高めるのであれば、日常的に情報収集する習慣を取り入れましょう。

情報収集は、ただ情報を集めれば良いわけではありません。正しい情報源の選定や、信ぴょう性の高い情報の取捨選択、情報の分かりやすい整理など多くの作業が求められます。こうした作業をいきなりスムーズにこなすことは難しいため、普段の生活から経験値を積んでいくことが大切です。

たとえば、日々の通勤時間にスマートフォンで気になる言葉を調べるのも良いでしょう。情報収集を実践する際には、情報の取捨選択や分かりやすい整理などを意識するとより効果的です。日常的に情報収集することで、新しい知識を増やせるメリットもあります。

その2:検索のテクニックを知る

Web上から情報収集する際、検索のテクニックを知っているかどうかで得られる成果が大きく変わります。

たとえば、何かの作品をGoogleで検索する時に、作品名を入力しただけでは無関係なサイトがヒットしてしまいがちです。しかし、キーワードを「""」で囲むようにすれば、完全一致するサイトだけを検索できます。何かをピンポイントに調べたいときには、こうしたテクニックが役に立つでしょう。

また、作品名の一部だけが思い出せないケースもあると思います。この場合には、思い出せない部分を「*」に置き換えることで、ワイルドカード検索が可能です。必要な情報をより効率よく探すためには、このような検索テクニックをたくさん把握しましょう。

その3:語彙力を鍛える

語彙力を鍛えることで、より幅広い角度から情報を収集しやすくなります。

たとえば、美味しいコーヒー牛乳をWeb上で検索する場合を考えましょう。この時、「コーヒー牛乳」というキーワードだけでは、探せるサイトが限られます。一方で、語彙力があれば「カフェオレ」「カフェラテ」などと言い換えられるため、より多くのサイトを探せるのです。

つまり、語彙力を鍛えることで様々な言い換えができるようになり、探せる情報の範囲が広がります。語彙力を鍛えるのであれば、自分が普段あまり読まないような本を積極的に読むと良いでしょう。あるいは、ブログなどで情報発信する習慣を取り入れると、言葉を調べるうちに語彙力が高まります。

情報収集を成功させるための3ポイント

情報収集能力は、積極的に情報収集していくことで徐々に高まっていくものです。情報収集の成果を1日でも早く上げたいのであれば、情報収集を成功させるポイントも押さえておきましょう。具体的には、次の3つがポイントとなります。

ポイント1:目的やテーマを明確にする

まずは、情報収集の前に目的やテーマを明確にしましょう。目的が不明確な状態で情報収集しようとすると、無駄な収集作業に時間を費やすことになりがちです。また、明確なテーマの下に情報収集を進めないと、間違った方向に進んでしまうこともあります。反対に、何のために情報収集するのかが明確であれば、検索のキーワードも見えてきます。

ポイント2:「データ」と「主観」を混同しない

Web上にはさまざまな情報が存在しますが、全てが必ずしも正しいとは限りません。情報収集する際には、「データ」と「主観」を混同しないように注意しましょう。主観は個人の考えの域を出ないことが多いため、信頼できるデータに基づいた見解なのかを確認すべきです。また、データも誤っているケースはあり得るため、発信元が信頼できる人物や機関なのか確かめることをおすすめします。

ポイント3:ITツールを有効活用する

情報収集のノウハウは心得ていても、アナログなやり方では時間がかかってしまいます。情報収集を効率よく行うためには、オンラインで使えるITツールを活用しましょう。パソコンで収集した情報をそのままITツールで整理できるため、メモ帳などを使うよりも効率的です。ITツールについて詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

ITツールとは?社内導入の際のポイントなど、分かりやすく紹介

ITツールを活用して、情報収集を快適に!

今回は情報収集能力の高め方3つや、情報収集を成功させるための3ポイントをご紹介しました。

情報収集能力は、業界・職業を問わず全てのビジネスパーソンが高めるべきスキルです。また転職をする場合にも、高い情報収集能力があれば自己PRポイントになります。情報収集能力に自信がない方は、今回ご紹介した高め方を実践してみてはいかがでしょうか。

また、情報収集を効率的に行ううえでは、やり方も大切です。情報収集能力が高い人の多くが利用しているITツールを導入するのも良いでしょう。より幅広い業務をITツールで効率化するなら、情報収集に特化した製品よりも、汎用性の高い製品の方が適しています。

おすすめは、グループウェア「アイポ」です。情報共有やコミュニケーションに役立つ機能を数多く持つITツールで、情報収集にとどまらず様々な業務効率化につながります。使いやすさにこだわったシンプルなインターフェースのため、ITツールに慣れていない方でもすぐに使いこなせます。

また、自社サーバーの設置などの手間がかからず、リーズナブルな月額料金だけで導入することが可能です。情報収集だけでなく幅広い業務を効率化したい方は、ぜひアイポをご導入ください。

グループウェアの業務効率化のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

OJTで失敗しない方法をご紹介!よくある失敗ケース4つ
建設業界におけるQCDSEとは?基礎知識やおすすめITツールを紹介
Excelは時代遅れなのか?Excelでのスケジュール調整が難しい理由

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。