ビジネスの効率化をはかれる!スケジュール管理術のコツ

ビジネスを成功へと導くスケジュール管理術

ビジネスシーンにおいて、スケジュール管理は重要な意味をもちます。仕事を効率的にこなすだけではありません。何を優先するべきか、結果を導き出すためにもスケジュール管理が必要になるからです。

しかし、なかなかうまくできないことも出てきます。どんなに仕事ができる人でも、パーフェクトとはいかないでしょう。それでもできる人は、うまくスケジュール管理術を身に着けてくのです。

ビジネスでスケジュール管理術が必要な理由

自分で仕事をしているときに、他に何をするべきか考える瞬間があるでしょう。今最優先するべき事項は何か、優先順位も踏まえ、スケジュールのバランスがビジネスには欠かせません。スケジュール管理術を身につけておくメリットは何か、ここに注目するだけで考え方も変わってきます。

優先順位をしっかりとらえビジネスをこなしていけば、クライアントからも信頼を得られます。依頼してしっかり対応してくれるなら、いつでも頼める安心感があるでしょう。優先順位にもいろいろな選択方法がありますが、スムーズに進められることは間違いありません。

いまいったい何をすべきか、スケジュール管理術がしっかりしている人は迷いません。締め切りを守りつつ、時間の効率も変わるからです。無駄な残業を減らすものスケジュール管理術のなせる業といえます。

スケジュール管理術はやることを明確にするところから

ビジネスでは、いったい何をするべきなのか、明確にするところからスタートしなければいけません。例えば打ち合わせがあったとします。この打ち合わせはいつどこで誰と行うのか、はっきりさせなければいけないでしょう。誰でもわかることですが、スケジュール管理術の基本なのです。

予定が明確になれば、対応漏れがなくなっていきます。逆にこのような情報がなければ、今何をしなければいけないか、優先順位もわからなくなるのです。対応漏れも生まれてくれば、大きな問題を生じるかもしれません。思っている以上に、やることをはっきりさせるのは大切な意味を持ちます。

業務の効率化を目指す

ビジネスにおいて、常に発生するのが期限です。いったい何をいつまでにとなれば、守らなければいけない期限がわかるでしょう。期限はいつも一定ではありません。内容や依頼方法、短歌などにも影響を受けるからです。自分たちが思っているより、期限が短いことも少なくありません。このコントロールをするために、スケジュール管理術が必要となるのです。

効率的なスケジュール管理は、パズルのように組み合わせも考えていきます。それぞれのスケジュールが、相乗効果を発揮するケースもあるでしょう。
つまり、効率化を目指すためにはスケジュール管理術が必要です。できるだけわかりやすく視覚的にわかる方法もとらなければいけません。

チームワークを支える

ビジネスは、一人でできることは限られていきます。大きなビジネスを展開するようになればなるほど、チームワークが重要になるのです。これは内部だけではなく、外部との連携も重要視されます。

有機的に機能させることが効率化に欠かせない条件ですが、そのためにはスケジュール管理が欠かせません。お互いに今何をしているのか、何をすることになるかを知れば、効率が上がるのはすぐに理解できるはずです。

お互いの情報や行動を知ると、信頼関係強化にも役立っていきます。情報を共有するのがポイントになるため、グループウェアなどを利用するといいでしょう。リアルタイムで更新できるため、スケジュール管理術としても有効な方法になるからです。これまでのような紙での管理ではなく、いつでもどこでもできるメリットがあり、ビジネスとしても有効な方法となりました。

誰でもできるビジネスのスケジュール管理術のコツ

ビジネスにおいて、スケジュール管理は重要ですが、何も難しいわけではありません。ちょっとしたコツがあり、理解していれば誰でもできることです。問題はそのコツと方法をしっかり身に着けているかにかかっています。スケジュール管理術と呼ばれるのも、理解度の違いと捉えなおしてみる必要があるでしょう。

予定は一括管理する

ビジネスというと、プライベートと別に分けて考えるのが一般的です。しかし現実的に時間は同じように流れています。別々に分けたところで、何か線が引かれて別の流れになるわけではありません。つまり、予定を管理するのであれば、ビジネスもプライベートもすべて一緒にしなければいけないのです。

実際に予定が重なってしまい、身動きが取れない状況が出た経験は、誰にでもあるはずです。これはスケジュール管理がうまくいっていないから起きているのは間違いないでしょう。確認するとしても、ばらばらに管理していると、それだけで手間がかかります。見落としも生まれるため、予定はすべて一括管理が基本なのです。

この考え方を一歩進めると、ビジネスとしてチームの予定管理も一括のほうがいいのが分かります。見落としをなくし、非効率な面を排除できるからです。予定管理ソフトなどの活用が求められるのは、効率化から見て当然の結論といえます。

タイトな予定は破綻をきたす

予定の管理を始めると、空いている隙間はすべて埋めていこうと考えます。これがスケジュール管理術として失敗の始まりです。タイトなことは、大変いいことでしょう。空いているより、ビジネスとしては効率的です。しかし、スケジュール管理術としては、問題が多すぎます。

タイトすぎると、何かあったときにまったく対処できません。自分だけの予定ならまだしも、お客様も存在します。突然予定変更が入るかもしれません。わずか数分の予定変更でも、タイトすぎれば対応できなくなり、ビジネスチャンスを逃すかもしれないのです。

スケジュール管理術としては、少し余裕をもった組み込み方が求められます。チームであれば、誰かサポートに回れる状態を作っておくのもいいでしょう。なんでも詰め込めばいい結果が出るわけではないのです。

午前と午後を意識する

1日の時間に線があるわけではありません。しかし、午前と午後では動きが違うことに気が付くでしょう。できることなら先に終わらせたいこともありますし、帰り際にこなすほうがいいものもあります。このように予定によって時間の特性があることを忘れてはいけません。どの時間でも効率的に運用できるとは限らないのです。

集中できる時間帯の違いもあるでしょう。朝のほうが入力作業などスムーズにいく場合もあります。確認作業を午後にすれば、次の日に失敗を持ち越さないで済むのです。午前午後を意識するだけでも、大きな違いが出てくるため、スケジュール管理術のたけた人は意識しています。

グループウェアの活用もスケジュール管理術

スケジュール管理術で大切なことは、一括管理しながらも見やすいことです。チームで活動しているのなら、余計に管理は意識しなければいけません。

グループウェアの活用が広がった背景にも、複数の人で複数の情報管理がしやすい点が挙げられます。スケジュール管理も単独で行うのではなく、他の情報を管理しながら同じプラットフォームで進めたほうが効率的です。ビジネスとして大きなメリットをもたらしてくれるため、スケジュール管理術を意識している人たちに好まれているといえるでしょう。

グループウェアのスケジュール管理のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

社員研修はITツールで効率的に!理由やおすすめ3選をご紹介
ビジネスにおける属人化とは?3つの問題点や防ぎ方をご紹介
建築事務所がITで業務効率化をする方法8選を紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。