離れた拠点とスケジュールを共有・管理するには

全国各地に複数の拠点を持つ企業も少なくありません。打ち合わせなど、拠点間でのやり取りもありますよね。拠点間でスケジュールを共有することは、業務をスムーズに行ううえで大切なことです。

また、人手が足りず他拠点にヘルプを依頼するようなケースもあるのではないでしょうか?拠点間でのスケジュール共有は、不測の事態にも対応しやすいメリットがあります。

しかし、拠点間でスケジュールを共有するために電話やメールでやり取りしている企業も多いようです。スムーズに拠点間でスケジュールを共有することは容易ではありません。

今回は、全国各地に複数の拠点を持つ企業にインタビューしました。そこから見えてきた、課題点と解決策をご紹介します。

他拠点のスケジュールを電話やメールで確認する必要があり、手間がかかる

今回インタビューした企業は設備・警備管理会社で、商業施設やオフィスビル、工場などの警備や設備管理を行っています。

警備や設備管理を行う建物はさまざまで、同じ社員が毎日違う場所へ出向することも少なくありません。各社員の出向スケジュールは責任者が決めており、社員は自社でスケジュールを確認してから仕事に向かいます。

また、こちらは全国各地に複数の拠点を持つ企業です。各拠点の責任者が集まって会議したり、他の拠点にヘルプを依頼したりすることもあります。そのため、拠点間でスケジュールを共有しておかなければ、スムーズにやり取りできません。

しかし現状、他拠点のスケジュールをリアルタイムに共有できていません。他拠点のスケジュールを把握するためには責任者間で電話やメールのやり取りをしなければならず、手間がかかるそうです。

ホワイトボードでは、その場にいないとスケジュールを確認できない

こちらの企業では、ホワイトボードで拠点ごとのスケジュールを管理している、とのことでした。

どの社員がいつどこに出向するかは、責任者がホワイトボードに記入します。各社員は当日の朝ホワイトボードを確認し、それぞれ出向先に向かいます。

ホワイトボードでは、その場にいる社員しかスケジュールを把握できません。そのため、他拠点のスケジュールを把握するためには責任者を経由しなければならず、手間がかかってしまうのです。

しかも、責任者が外出している場合は自拠点のスケジュールすら把握できません。外出頻度が高い職場のため、これではスケジュールを拠点間で共有することは難しいでしょう。

グループウェアのカレンダー機能で、拠点間でスケジュールをリアルタイムに共有

拠点間でスケジュールを共有しづらい課題を解決するためには、グループウェアのカレンダー機能を使うのがオススメです。

グループウェアだと、全社員のスケジュールをWeb上で共有できます。他拠点の社員のスケジュールもすぐに確認できるため、電話やメールでやり取りする必要がありません。

また、パソコンはもちろんスマートフォンでもグループウェアを利用できます。そのため外出中でも社員のスケジュールを把握でき、急な状況の変化にも対応しやすいでしょう。

グループウェアのスケジュール管理のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

ITツールの導入で介護現場の効率化を実現する理由を徹底解説
ビジネスにおける情報共有の重要性を解説!情報共有ができないリスクとは
不動産仲介業もペーパーレス化しよう!メリットや実現方法をご紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、自動的に課金されることはありません。