建築業の現場とオフィスで予定共有する方法は?予定共有アプリの選び方も紹介

この記事をご覧の方は、建築業において現場やオフィスの予定共有を効率化したいとお考えではないでしょうか。

現場とオフィスの予定共有を効率化するのは重要です。予定共有がスムーズにされていないと、トラブルや業務効率が低下する原因になる可能性があります。

この記事では現場とオフィスで予定共有するコツや、予定共有アプリの選び方を紹介しましょう。

建築業で現場とオフィスで予定共有するコツ

ここでは建築業において現場とオフィスで予定共有するコツを紹介します。

予定がわかったらすぐに電話やメールで現場やオフィスに予定を共有するのではなく、ここで紹介するコツを踏まえてすることで、より効果的な予定共有となるはずです。

抱えている予定をすべて書き出す

現場とオフィスで予定共有するコツは、まず抱えている予定をすべて書き出すことです。

漏れがある状態で予定を共有してしまうと、手戻りが発生してしまい非効率になってしまいます。

まずは現時点でわかっている予定やタスクをすべて抽出し書き出し、その後に納期などの補足情報を書き足しましょう。

漏れなく予定を書き出すと、プロジェクトやチームで抱えているタスクが可視化されるだけでなく、やるべき事項とやらなくて良い事項の仕分けができるはずです。

様々なタスクを並行して進めているプロジェクトにとっては特に必要な作業となります。

優先順位を付けて予定共有する

優先順位を付ける点も、建築業の現場とオフィスで予定共有する際のコツです。

優先順位付けがされていない状態で予定を共有されても、共有された側はその予定をどの順序で進める予定なのかわかりません。

まずは洗い出したタスクの優先順位を決めたうえで予定共有すると、おおよその行動計画が把握できます。

優先順位の認識が違っている場合も協議ができるので、予定だけでなく優先順位も合わせて共有しましょう。

作業時間を見積ったうえで予定共有する

作業時間を見積ったうえで予定共有する点も、予定共有する際のコツです。

タスクに終わらすために必要な時間が算出されていると、予定が立てやすくなります。

逆に必要な時間が算出されていないと、予定を共有された側で作業時間を試算する必要があり、全体スケジュールが崩れてしまうリスクがあるでしょう。

予定を共有する側は、作業時間を見積ったうえで予定を共有すると良いです。

ITツールやアプリを活用する

ITツールやアプリを活用する点も、予定共有する際のコツです。

メールでの予定共有では、予定の受け手側が別途スケジュール転記する必要がありますし、リアルタイムに最新の予定を把握することが難しいでしょう。

ITツールやアプリを使うと、関係者のスケジュールに対して一括で予定の設定ができますし、設定した予定の納期が近づいた際にリマインダー機能で通知してくれます。

ITツールやアプリは多機能で複雑なものもありますので、自社のITリテラシーに適合するツールを選ぶことが重要です。

建設業における予定共有アプリの選び方とは

ここでは建設業における予定共有アプリの選び方を紹介します。

予定共有アプリは無料なものも含めてたくさんリリースされていますが、その中から自社に最適なアプリを選定する方法を紹介しましょう。

目的を満たせる機能が実装されているか

予定共有アプリの選定時には、導入目的に沿った機能が実装されているかを事前に確認する必要があります。

まずはアプリの導入目的を考え、達成したい目標や解決したい課題を明確化したうえで、必要な機能を備えているか確認すべきです。

例えば資料を使った打合せの予定が多い会社の場合は、予定を共有して日程を調整する機能だけでなく、会議室の予約や使用資料を併せて格納できる機能が実装されているかどうかを確認しましょう。

導入目的を明確化すると、自社の目的達成や課題解決に必要な機能を実装したアプリを選べるはずです。

アプリの操作性が現場に受け入れられるか

アプリを導入する際には、アプリの操作性や使いやすさが重要です。

様々な機能を備えたアプリは便利ですが、操作が複雑でわかりづらかったり、必要な機能にたどり着くまでに時間がかかる場合があります。

便利なアプリでも使われなければ意味がないため、アプリを浸透させるためにも、ITが苦手な社員でも簡単に使えるアプリが望ましいでしょう。

無料のお試しプランがある場合は、事前に何名かの現場の社員に使ってもらい、結果をヒアリングしたうえで本格導入するかを決定すべきです。

ランニングコストが予算内か

アプリを選ぶ際には、コストが自社の予算内に収まるかどうかもチェックすべきです。

無料のアプリであれば費用がかかりませんが、機能が十分でなかったり、サポートが存在しない場合が多いです。そのため無料ツールでは十分に本来の目的達成や課題解決ができない可能性もあります。

そのため有料であっても、必要な機能が備えてあり、サポートを十分に受けられるアプリの導入を検討しましょう。

有料アプリでもお試し期間が設定されているアプリもあるので、無料アプリと比較して使い勝手や機能差などを含め、目的を十分に達成できるかどうかを確かめるのがポイントです。

予定共有アプリのメリットとは

ここでは予定共有アプリのメリットを紹介します。予定共有アプリは電話やメールでの予定共有と比較して様々なメリットを持っていますが、その中でも特に大きなメリットを3つ紹介しましょう。

プロジェクトメンバー間で予定を共有できる

プロジェクトチーム内で予定を共有できる点が、予定共有アプリのメリットです。

メンバーとリアルタイムに予定を共有してプロジェクトを進めていけるので、急な予定変更にも柔軟に対応しやすくなります。

またプロジェクトの進行状況を全員が常に把握できるため「これは完了したの?」「これはどこまで進んでいるの?」とわざわざメッセージアプリ等で確認する手間が不要で、本来の業務に集中できるでしょう。

またアプリ内で予定を管理しておけば、急にメンバーが休んだり離職してしまった場合でも、他のメンバーに迅速に予定を共有することでリカバリーがしやすくなります。

予定忘れの抑止

予定共有アプリであれば、スマートフォン等で場所や時間を問わずに最新のスケジュールを確認できるため、予定していた作業を忘れるリスクを低減できます。

また予定共有アプリは予定を可視化するだけでなく、リマインダー機能を活用すればタスクやアクションの抜け漏れを抑止できるでしょう。

個人だけでなくプロジェクトメンバー全体で予定を共有できる環境が整えられることで、万が一予定を忘れていた場合でも、他のメンバーがフォローすることも可能です。

最適なアクションが取れる

予定共有アプリで予定を共有できていれば、予定に合った最適なアクションを取れます。

数か月後などの予定も共有されていると、その予定から逆算して最適なアクションプランを立てられるはずです。

またプロジェクトが遅延している場合も原因を突き止めやすくなり、リスケジュールの調整やフォローアクションがスムーズに進められるでしょう。

まとめ

この記事では現場とオフィスで予定共有するコツや、予定共有アプリの選び方を紹介しました。

現場とオフィスの予定共有を効率化するのは重要です。予定共有がスムーズにされていないと、トラブルや業務効率が低下する原因になる可能性があります。

この記事を参考に、現場やオフィスの予定共有を効率化するアプリを比較検討してはいかがでしょうか。

グループウェアのスケジュール管理のことなら、私たちにご相談ください。

私たちは、チームの情報共有を素早くかんたんにするグループウェア「アイポ」を提供しています。豊富な知見を活かし、お客様のお仕事に合ったグループウェアのご利用方法をご提案します。チームの情報共有でお悩みの企業の方は、気軽にご相談ください。

最新記事

社員の自発性を高めるには?自発性の重要性や高めるコツを紹介
マナー違反に注意!テレワークで気を付けるべきビジネスマナー3選
不動産業界で紙を削減するメリットとは?デメリットや準備すべきことも紹介

1分で登録完了。無料お試し終了後、登録済みのデータを引継いでご契約いただけます。